パッケージnet.user1.reactor.snapshot
クラスpublic class UPCStatsSnapshot
継承UPCStatsSnapshot Inheritance Snapshot Inheritance flash.events.EventDispatcher

バージョン : Reactor 1.1.0

UPCStatsSnapshotクラスはUnionサーバーによって処理されたか、処理されるのを待っているUPCメッセージについての統計を取得するために使用されます。 例えば、
   // スナップショットを作成します
   var snapshot:UPCStatsSnapshot = new UPCStatsSnapshot();
   
   // コールバック関数を登録します
   snapshot.onLoad = function ():void { 
     trace("The server currently has " 
     + snapshot.getNumUPCsInQueue() + " UPC messages waiting to be"
     + " processed.");
   }
   
   // あるいはリスナー関数を登録します
   snapshot.addEventListener(SnapshotEvent.LOAD, loadListener);
   function loadListener (e:SnapshotEvent):void {
     var loadedSnapshot:UPCStatsSnapshot = UPCStatsSnapshot(e.target);
     trace("The server currently has " 
     + loadedSnapshot.getNumUPCsInQueue() + " UPC messages waiting to be"
     + " processed.");
   }
   
   // Load the UPC stats by passing the snapshot object to
   // スナップショットオブジェクトをReactorのupdateSnapshot()メソッドに渡します:
   reactor.updateSnapshot(snapshot);
   

関連項目

SnapshotEvent
Snapshot
net.user1.reactor.Reactor.updateSnapshot()


パブリック プロパティ
 プロパティ定義元
 InheritedonLoad : Function
このスナップショットのデータがロードされたときに呼び出されるコールバック関数です。
Snapshot
パブリック メソッド
 メソッド定義元
  
コンストラクタ
UPCStatsSnapshot
  
最も最近処理されたメッセージが処理される前にメッセージキュー内で経過した時間を返します。
UPCStatsSnapshot
  
サーバーが起動してから処理に最も時間がかかったメッセージのリストを返します。
UPCStatsSnapshot
  
Unionサーバーによって現在処理待ち状態であるUPCメッセージ数を返します。
UPCStatsSnapshot
 Inherited
getStatus():String
最も最近のスナップショットのロード操作のステータスを返します。
Snapshot
  
Unionサーバーが起動してから処理したUPCメッセージの合計数を返します。
UPCStatsSnapshot
 Inherited
スナップショットが現在データをロード中かどうかを示します。
Snapshot
Events
 Event Summary 定義元
 Inherited 先に呼び出されたReactorのupdateSnapshot()メソッドによってスナップショットオブジェクトが更新されたときに送出されます。Snapshot
 Inherited スナップショットオブジェクトが更新リクエストの結果を受信したときに送出されます。Snapshot
コンストラクタの詳細
UPCStatsSnapshot()コンストラクタ
public function UPCStatsSnapshot()

コンストラクタ

メソッドの詳細
getLastQueueWaitTime()メソッド
public function getLastQueueWaitTime():int

バージョン : Reactor 1.1.0

最も最近処理されたメッセージが処理される前にメッセージキュー内で経過した時間を返します。 この値がサーバーの最新状態を反映するように更新するには、このUPCStatsSnapshotオブジェクトをReactorのupdateSnapshot()メソッドに渡してください。

戻り値
int

関連項目

getLongestUPCProcesses()メソッド 
public function getLongestUPCProcesses():Array

バージョン : Reactor 1.1.0

サーバーが起動してから処理に最も時間がかかったメッセージのリストを返します。 この値がサーバーの最新状態を反映するように更新するには、このUPCStatsSnapshotオブジェクトをReactorのupdateSnapshot()メソッドに渡してください。

戻り値
Array

関連項目

getNumUPCsInQueue()メソッド 
public function getNumUPCsInQueue():int

バージョン : Reactor 1.1.0

Unionサーバーによって現在処理待ち状態であるUPCメッセージ数を返します。 この値がサーバーの最新状態を反映するように更新するには、このUPCStatsSnapshotオブジェクトをReactorのupdateSnapshot()メソッドに渡してください。

戻り値
int

関連項目

getTotalUPCsProcessed()メソッド 
public function getTotalUPCsProcessed():int

バージョン : Reactor 1.1.0

Unionサーバーが起動してから処理したUPCメッセージの合計数を返します。 この値がサーバーの最新状態を反映するように更新するには、このUPCStatsSnapshotオブジェクトをReactorのupdateSnapshot()メソッドに渡してください。

戻り値
int

関連項目