パッケージnet.user1.reactor.snapshot
クラスpublic class ClientCountSnapshot
継承ClientCountSnapshot Inheritance Snapshot Inheritance flash.events.EventDispatcher

バージョン : Reactor 1.0.0

ClientCountSnapshotクラスは現在サーバー上にいるクライアントの数を取得するために使用します。 例えば、
   // スナップショットを作成します
   var snapshot:ClientCountSnapshot = new ClientCountSnapshot();
   
   // コールバック関数を登録します
   snapshot.onLoad = function ():void { 
     trace("There are " + snapshot.getCount() + " clients on the server.");
   }
   
   // あるいはリスナー関数を登録します
   snapshot.addEventListener(SnapshotEvent.LOAD, loadListener);
   function loadListener (e:SnapshotEvent):void {
     var loadedSnapshot:ClientCountSnapshot = ClientCountSnapshot(e.target);
     trace("There are " + loadedSnapshot.getCount() + " clients on the server.");
   }
   
   // クライアントの数をロードするために、
   // スナップショットオブジェクトをReactorのupdateSnapshot()メソッドに渡します:
   reactor.updateSnapshot(snapshot);
   

関連項目

SnapshotEvent
Snapshot
net.user1.reactor.Reactor.updateSnapshot()


パブリック プロパティ
 プロパティ定義元
 InheritedonLoad : Function
このスナップショットのデータがロードされたときに呼び出されるコールバック関数です。
Snapshot
パブリック メソッド
 メソッド定義元
  
コンストラクタ
ClientCountSnapshot
  
getCount():int
サーバー上の全クライアント数を返します。
ClientCountSnapshot
 Inherited
getStatus():String
最も最近のスナップショットのロード操作のステータスを返します。
Snapshot
 Inherited
スナップショットが現在データをロード中かどうかを示します。
Snapshot
Events
 Event Summary 定義元
 Inherited 先に呼び出されたReactorのupdateSnapshot()メソッドによってスナップショットオブジェクトが更新されたときに送出されます。Snapshot
 Inherited スナップショットオブジェクトが更新リクエストの結果を受信したときに送出されます。Snapshot
コンストラクタの詳細
ClientCountSnapshot()コンストラクタ
public function ClientCountSnapshot()

コンストラクタ

メソッドの詳細
getCount()メソッド
public function getCount():int

バージョン : Reactor 1.0.0

サーバー上の全クライアント数を返します。 カウントを更新するには、ClientCountSnapshotオブジェクトをReactorのupdateSnapshot()メソッドに渡してください。

戻り値
int

関連項目