パッケージnet.user1.reactor.snapshot
クラスpublic class BannedListSnapshot
継承BannedListSnapshot Inheritance Snapshot Inheritance flash.events.EventDispatcher

バージョン : Reactor 1.0.0

BannedListSnapshot クラスは、サーバーにある現在BANされたクライアントアドレスの一覧をロードするために使用されます。 次のコードで実例を示します。
   // スナップショットを作成します 
   var snapshot:BannedListSnapshot = new BannedListSnapshot();
   
   // コールバック関数を登録します
   snapshot.onLoad = function ():void { 
     trace("Here is the banned address list: " + snapshot.getBannedList());
   }
   
   // あるいはリスナー関数を登録します
   snapshot.addEventListener(SnapshotEvent.LOAD, loadListener);
   function loadListener (e:SnapshotEvent):void {
     var snapshot:BannedListSnapshot = BannedListSnapshot(e.target);
     trace("Here is the banned address list: " + snapshot.getBannedList());
   }
   
   // BANされたアドレスの一覧をロードするために、 
   // スナップショットオブジェクトをReactorのupdateSnapshot()メソッドに渡します:
   reactor.updateSnapshot(snapshot);
   

BannedListSnapshot によって取得したBANアドレスの一覧はサーバー状態の一時的なスナップショットであり、ロード後は最新状態には保たれません。 BannedListSnapshot オブジェクトを更新して最新のサーバー状態に一致させるには、そのオブジェクトを Reactor の updateSnapshot() メソッドに渡します。

関連項目

SnapshotEvent
Snapshot
net.user1.reactor.Reactor.updateSnapshot()


パブリック プロパティ
 プロパティ定義元
 InheritedonLoad : Function
このスナップショットのデータがロードされたときに呼び出されるコールバック関数です。
Snapshot
パブリック メソッド
 メソッド定義元
  
コンストラクタ
BannedListSnapshot
  
サーバー上にあるBANアドレスの配列を返します。
BannedListSnapshot
 Inherited
getStatus():String
最も最近のスナップショットのロード操作のステータスを返します。
Snapshot
 Inherited
スナップショットが現在データをロード中かどうかを示します。
Snapshot
Events
 Event Summary 定義元
 Inherited 先に呼び出されたReactorのupdateSnapshot()メソッドによってスナップショットオブジェクトが更新されたときに送出されます。Snapshot
 Inherited スナップショットオブジェクトが更新リクエストの結果を受信したときに送出されます。Snapshot
コンストラクタの詳細
BannedListSnapshot()コンストラクタ
public function BannedListSnapshot()

コンストラクタ

メソッドの詳細
getBannedList()メソッド
public function getBannedList():Array

バージョン : Reactor 1.0.0

サーバー上にあるBANアドレスの配列を返します。

戻り値
Array