パッケージnet.user1.reactor
クラスpublic class XMLSocketConnection
継承XMLSocketConnection Inheritance Connection Inheritance flash.events.EventDispatcher

バージョン : Reactor 1.0.0

XMLConnectionクラスはReactorがUnionサーバーと永続的なTCP/IPソケットを通して通信するために使用します。 通常は、開発者はXMLConnectionクラスを直接使う必要はなく、代わりにReactorクラスのconnect()メソッドを通して接続を行うとよいでしょう。 しかしながら、XMLConnectionクラスは異なるホストアドレスで実行中の複数のUnionサーバーへのソケット接続のフェイルオーバーを定義するような、きめの細かい接続設定のために必要です(ConnectionManagerのメインクラスエントリーの例を参照してください)。

デフォルトでは、ReactorはUnionサーバーと通信するためにXMLSocketConnectionクラスを使用します。 XMLSocketConnectionの接続はHTTP接続より高速な応答時間を得られますが、接続中はOSレベルで継続してソケットを占有します。 もしXMLSocketConnection接続が確立できない場合(たとえばファイアーウォールの制限などによって)、ReactorはHTTPConnectionを通して送られるHTTP要求を使用して自動的に通信を試行します。 開発者はReactorのデフォルトの通信フェイルオーバーシステムをConnectionManagerクラスとReactorのdisableHTTPFailover()メソッドを使用して手動で接続を設定することでオーバーライドできます。

関連項目

Reactor.connect()
Reactor.disableHTTPFailover()
HTTPConnection
ConnectionManager


パブリック メソッド
 メソッド定義元
  
XMLSocketConnection(host:String, port:int = 80)
XMLSocketConnection
  
connect():void
[オーバーライド] ドキュメントはIConnectionのconnect()メソッドを参照してください。
XMLSocketConnection
 Inherited
disconnect():void
ドキュメントはIConnectionのdisconnect()メソッドを参照してください。
Connection
  
dispose():void
[オーバーライド] このXMLSocketConnectionを永久に無効化します。
XMLSocketConnection
 Inherited
getHost():String
ドキュメントはIConnectionのgetHost()メソッドを参照してください。
Connection
 Inherited
getPort():int
ドキュメントはIConnectionのgetPort()メソッドを参照してください。
Connection
 Inherited
このConnectionオブジェクトがready状態を達成した回数を示すint値を返します。
Connection
 Inherited
ドキュメントはIConnectionのgetRequestedHost()メソッドを参照してください。
Connection
 Inherited
getType():String
ドキュメントはIConnectionのgetType()メソッドを参照してください。
Connection
 Inherited
isReady():Boolean
ドキュメントはIConnectionのisReady()メソッドを参照してください。
Connection
 Inherited
isValid():Boolean
ドキュメントはIConnectionのisValid()メソッドを参照してください。
Connection
  
send(data:*):void
[オーバーライド] ドキュメントはIConnectionのsend()メソッドを参照してください。
XMLSocketConnection
 Inherited
setReactor(reactor:Reactor):void
Connection
 Inherited
setServer(host:String, port:int):void
ドキュメントはIConnectionのsetServer()メソッドを参照してください。
Connection
 Inherited
toString():String
[オーバーライド]
Connection
Events
 Event Summary 定義元
 Inherited IConnectionオブジェクトによる接続試行を開始するときに送出されます。Connection
 Inherited IConnectionオブジェクトがUnionサーバー接続の"ハンドシェイク"フェーズを開始するときに送出されます。Connection
 Inherited IConnectionオブジェクトのサーバーへの接続がクライアントによって切断されたときに送出されます。Connection
 Inherited IConnectionオブジェクトによる接続試行が失敗するときに送出されます。Connection
 Inherited IConnectionオブジェクトがサーバーとの接続を完全に初期化したときに送出されます。Connection
 Inherited IConnectionオブジェクトがUnionサーバーからあらゆる種類のデータを受け取ったときに送出されます。Connection
   UPCフォーマットのメッセージをIConnectionオブジェクトから受信するときに送出されます。XMLSocketConnection
 Inherited IConnectionオブジェクトがUnionサーバーにあらゆる種類のデータを送信したときに送出されます。Connection
 Inherited IConnectionオブジェクトのサーバーへの接続がサーバーによって切断されたときに送出されます。Connection
 Inherited Unionサーバーがクライアントに、クライアントからのメッセージ内のセッションIDが不明なセッションを参照していることを通知するときに送出されます。Connection
 Inherited Unionサーバーがクライアントに、そのセッションが中断されたことを通知するときに送出されます。Connection
コンストラクタの詳細
XMLSocketConnection()コンストラクタ
public function XMLSocketConnection(host:String, port:int = 80)



パラメータ
host:String
 
port:int (default = 80)
メソッドの詳細
connect()メソッド
override public function connect():void

バージョン : Reactor 1.0.0

ドキュメントはIConnectionのconnect()メソッドを参照してください。

関連項目

dispose()メソッド 
override public function dispose():void

バージョン : Reactor 1.0.0

このXMLSocketConnectionを永久に無効化します。

send()メソッド 
override public function send(data:*):void

バージョン : Reactor 1.0.0

ドキュメントはIConnectionのsend()メソッドを参照してください。

パラメータ

data:*

関連項目

Event Detail
RECEIVE_UPC イベント
Event Object Type: ConnectionEvent
ConnectionEvent.type variable = net.user1.reactor.ConnectionEvent.RECEIVE_UPC

UPCフォーマットのメッセージをIConnectionオブジェクトから受信するときに送出されます。

関連項目