パッケージnet.user1.reactor
クラスpublic class UPCProcessingRecord
継承UPCProcessingRecord Inheritance Object

バージョン : Reactor 1.1.0

Unionサーバーが受信して処理を行った単体のUPCメッセージについてサーバー側の処理統計を記述するデータコンテナです。 UPCProcessingRecordオブジェクトはUPCStatsSnapshotおよびServerEvent.UPC_PROCESSEDイベントによって使用されます。

関連項目

Server.watchForProcessedUPCs()
ServerEvent.UPC_PROCESSED


パブリック プロパティ
 プロパティ定義元
  fromClientAddress : String = null
処理されたUPCをサーバーに送ったクライアントのアドレスです。このアドレスは典型的にはIPアドレスです。
UPCProcessingRecord
  fromClientID : String = null
処理されたUPCをサーバーに送ったクライアントのクライアントIDです。
UPCProcessingRecord
  fromUserID : String = null
処理されたUPCをサーバーに送信したクライアントのユーザーIDです。
UPCProcessingRecord
  processingDuration : Number = NaN
サーバーがそのUPCメッセージの処理を開始した時間から処理を完了した時間までの経過時間のミリ秒値です。
UPCProcessingRecord
  processingFinishedAt : Number = NaN
サーバーがそのUPCメッセージの処理を終了したUTC時間で、1970年を基点としたミリ秒フォーマットです。
UPCProcessingRecord
  processingStartedAt : Number = NaN
サーバーがそのUPCメッセージの処理を開始したUTC時間で、1970年を基点としたミリ秒フォーマットです。
UPCProcessingRecord
  queuedAt : Number = NaN
サーバーがそのUPCメッセージを処理するためにキューに追加したUTC時間で、1970年を基点としたミリ秒フォーマットです。
UPCProcessingRecord
  queueDuration : Number = NaN
サーバーがそのメッセージの処理を開始する前にキュー内で経過した時間のミリ秒値です。
UPCProcessingRecord
  UPCSource : String = null
処理されたUPCメッセージの生のソース文字列です。
UPCProcessingRecord
パブリック メソッド
 メソッド定義元
  
deserialize(serializedRecord:String):void
UPCProcessingRecord
  
deserializeParts(fromClientID:String, fromUserID:String, fromClientAddress:String, queuedAt:String, processingStartedAt:String, processingFinishedAt:String, source:String):void
UPCProcessingRecord
プロパティの詳細
fromClientAddressプロパティ
public var fromClientAddress:String = null

バージョン : Reactor 1.1.0

処理されたUPCをサーバーに送ったクライアントのアドレスです。このアドレスは典型的にはIPアドレスです。

fromClientIDプロパティ 
public var fromClientID:String = null

バージョン : Reactor 1.1.0

処理されたUPCをサーバーに送ったクライアントのクライアントIDです。

fromUserIDプロパティ 
public var fromUserID:String = null

バージョン : Reactor 1.1.0

処理されたUPCをサーバーに送信したクライアントのユーザーIDです。 そのクライアントがログインしている場合のみ有効です。

processingDurationプロパティ 
public var processingDuration:Number = NaN

バージョン : Reactor 1.1.0

サーバーがそのUPCメッセージの処理を開始した時間から処理を完了した時間までの経過時間のミリ秒値です。

processingFinishedAtプロパティ 
public var processingFinishedAt:Number = NaN

バージョン : Reactor 1.1.0

サーバーがそのUPCメッセージの処理を終了したUTC時間で、1970年を基点としたミリ秒フォーマットです。

processingStartedAtプロパティ 
public var processingStartedAt:Number = NaN

バージョン : Reactor 1.1.0

サーバーがそのUPCメッセージの処理を開始したUTC時間で、1970年を基点としたミリ秒フォーマットです。

queuedAtプロパティ 
public var queuedAt:Number = NaN

バージョン : Reactor 1.1.0

サーバーがそのUPCメッセージを処理するためにキューに追加したUTC時間で、1970年を基点としたミリ秒フォーマットです。

queueDurationプロパティ 
public var queueDuration:Number = NaN

バージョン : Reactor 1.1.0

サーバーがそのメッセージの処理を開始する前にキュー内で経過した時間のミリ秒値です。

UPCSourceプロパティ 
public var UPCSource:String = null

バージョン : Reactor 1.1.0

処理されたUPCメッセージの生のソース文字列です。

メソッドの詳細
deserialize()メソッド
public function deserialize(serializedRecord:String):void

パラメータ

serializedRecord:String

deserializeParts()メソッド 
public function deserializeParts(fromClientID:String, fromUserID:String, fromClientAddress:String, queuedAt:String, processingStartedAt:String, processingFinishedAt:String, source:String):void

パラメータ

fromClientID:String
 
fromUserID:String
 
fromClientAddress:String
 
queuedAt:String
 
processingStartedAt:String
 
processingFinishedAt:String
 
source:String