パッケージnet.user1.reactor
クラスpublic class ServerEvent
継承ServerEvent Inheritance flash.events.Event

バージョン : Reactor 1.0.0

ServerEventはサーバーイベントが発生したときにServerオブジェクトから登録済みのイベントリスナーに情報を渡すために使用されるシンプルなデータクラスです。 ServerEventクラスは利用可能なサーバーイベントを表す定数も定義します。

サーバーイベントを登録するには、ServerクラスのaddEventListener()メソッドを使用します。

関連項目

Server.addEventListener()


パブリック メソッド
 メソッド定義元
  
ServerEvent(type:String, bubbles:Boolean = false, cancelable:Boolean = false, upcProcessingRecord:UPCProcessingRecord = null, status:String = null)
コンストラクタ
ServerEvent
  
clone():Event
[オーバーライド]
ServerEvent
  
getStatus():String
このイベントに関係する操作のステータスを返します。
ServerEvent
  
Unionサーバーによって処理されたUPCについてのUPCProcessingRecordオブジェクトを返します。
ServerEvent
  
toString():String
[オーバーライド]
ServerEvent
パブリック 定数
 定数定義元
  RESET_UPC_STATS_RESULT : String = RESET_UPC_STATS_RESULT
[静的] 現クライアントによる『UPC統計のリセット』の試行結果をサーバーが報告するときに送出されます。
ServerEvent
  STOP_WATCHING_FOR_PROCESSED_UPCS_RESULT : String = STOP_WATCHING_FOR_PROCESSED_UPCS_RESULT
[静的] 現クライアントによる『処理されたUPCの監視を停止』の試行結果をサーバーが報告するときに送出されます。
ServerEvent
  TIME_SYNC : String = TIME_SYNC
[静的] 現クライアントによって先に行われたServerのsyncTime()メソッド呼び出しの応答としてサーバーの現在時刻をサーバーが送信するときに送出されます。
ServerEvent
  UPC_PROCESSED : String = UPC_PROCESSED
[静的] 現クライアントが"処理されたUPCメッセージ"を監視しているとき、サーバーが内向きのUPCメッセージの処理を完了するときに送出されます。
ServerEvent
  WATCH_FOR_PROCESSED_UPCS_RESULT : String = WATCH_FOR_PROCESSED_UPCS_RESULT
[静的] 現クライアントによる『処理されたUPCの監視』の試行結果をサーバーが報告するときに送出されます。
ServerEvent
コンストラクタの詳細
ServerEvent()コンストラクタ
public function ServerEvent(type:String, bubbles:Boolean = false, cancelable:Boolean = false, upcProcessingRecord:UPCProcessingRecord = null, status:String = null)

コンストラクタ

パラメータ
type:String
 
bubbles:Boolean (default = false)
 
cancelable:Boolean (default = false)
 
upcProcessingRecord:UPCProcessingRecord (default = null)
 
status:String (default = null)
メソッドの詳細
clone()メソッド
override public function clone():Event

戻り値
Event
getStatus()メソッド 
public function getStatus():String

バージョン : Reactor 1.1.0

このイベントに関係する操作のステータスを返します。 getStatus()メソッドの戻り値は常にStatusクラスの定数のどれかです。 例えば、もし『処理されたUPCの監視』を試行して成功したことへの応答としてServer.WATCH_FOR_PROCESSED_UPCS_RESULTイベントが発生した場合、getStatus()はStatus.SUCCESS値を返します。 ステータスに対応するには、getStatus()の値とStatus定数とを比較します。 例えば、

     if (e.getStatus() != Status.SUCCESS) {
       showWatchFailedDialog();
     }
     
特定のイベントが発生したときに返されうるステータス値のリストについては、そのイベントのドキュメントを参照してください。

戻り値
String

関連項目

getUPCProcessingRecord()メソッド 
public function getUPCProcessingRecord():UPCProcessingRecord

バージョン : Reactor 1.1.0

Unionサーバーによって処理されたUPCについてのUPCProcessingRecordオブジェクトを返します。 ServerEvent.UPC_PROCESSED イベントにのみ適用されます。

戻り値
UPCProcessingRecord

関連項目

toString()メソッド 
override public function toString():String

戻り値
String
定数の詳細
RESET_UPC_STATS_RESULT定数
public static const RESET_UPC_STATS_RESULT:String = RESET_UPC_STATS_RESULT

バージョン : Reactor 1.1.0

現クライアントによる『UPC統計のリセット』の試行結果をサーバーが報告するときに送出されます。 試行結果を診断するには、getStatus()を使用します。これは次の値をとる可能性があります。

関連項目

STOP_WATCHING_FOR_PROCESSED_UPCS_RESULT定数 
public static const STOP_WATCHING_FOR_PROCESSED_UPCS_RESULT:String = STOP_WATCHING_FOR_PROCESSED_UPCS_RESULT

バージョン : Reactor 1.1.0

現クライアントによる『処理されたUPCの監視を停止』の試行結果をサーバーが報告するときに送出されます。 試行結果を診断するには、getStatus()を使用します。これは次の値をとる可能性があります。

関連項目

TIME_SYNC定数 
public static const TIME_SYNC:String = TIME_SYNC

バージョン : Reactor 1.0.0

現クライアントによって先に行われたServerのsyncTime()メソッド呼び出しの応答としてサーバーの現在時刻をサーバーが送信するときに送出されます。 ServerEvent.TIME_SYNCのリスナーは次のように、ServerのgetServerTime()メソッドを通してサーバー時間の近似値を取得できます。

     protected function timeSyncListener (e:ServerEvent):void {
       trace("Time is: " + Server(e.target).getServerTime());
     }
     
1970年を基準にしたミリ秒フォーマットの時間を人間が読める形式の日付と時刻に変換できるユーティリティについては、NumericFormatterクラスを参照してください。

関連項目

net.user1.reactor.utils.NumericFormatter
UPC_PROCESSED定数 
public static const UPC_PROCESSED:String = UPC_PROCESSED

バージョン : Reactor 1.1.0

現クライアントが"処理されたUPCメッセージ"を監視しているとき、サーバーが内向きのUPCメッセージの処理を完了するときに送出されます。 処理されたUPCメッセージを監視するには、ServerクラスのwatchForProcessedUPCs()メソッドを使用してください。 例えば、

     reactor.getServer().watchForProcessedUPCs();
     
処理されたUPCメッセージについての情報を取得するには、ServerEventクラスのgetUPCProcessingRecord()メソッドを使用してください。

関連項目

WATCH_FOR_PROCESSED_UPCS_RESULT定数 
public static const WATCH_FOR_PROCESSED_UPCS_RESULT:String = WATCH_FOR_PROCESSED_UPCS_RESULT

バージョン : Reactor 1.1.0

現クライアントによる『処理されたUPCの監視』の試行結果をサーバーが報告するときに送出されます。 試行結果を診断するには、getStatus()を使用します。これは次の値をとる可能性があります。

関連項目