パッケージnet.user1.reactor
クラスpublic class RoomSettings
継承RoomSettings Inheritance Object

バージョン : Reactor 1.0.0

ルームのコンフィグ設定を記述するシンプルなデータコンテナです。 存在するルームのコンフィグ設定は、Room の getRoomSettings() メソッドを通してアクセスできます。

次のコードは"examples.chatRoom1"ルームを生成します。 createRoom()コマンドは、ルームから最後のクライアントが退室した後にもそのルームが存在し続けるべきかどうかをRoomSettingsオブジェクトを使用してサーバーに指示します。

   var roomSettings:RoomSettings = new RoomSettings();
   roomSettings.removeOnEmpty = false;
   
   var chatRoom1:Room = reactor.getRoomManager().createRoom(
                                                   "examples.chatRoom1",
                                                   roomSettings);
   

関連項目

RoomManager.createRoom()
Room.getRoomSettings()
Room.setRoomSettings()


パブリック プロパティ
 プロパティ定義元
  maxClients : Object = null
同時にルームに入室できるクライアントの最大数です。
RoomSettings
  password : String
入室に必要なパスワードです。
RoomSettings
  removeOnEmpty : Object = null
ルームが空になった(全てのクライアントが退室した)とき、それ自身を除去するかどうかを指定します。
RoomSettings
パブリック メソッド
 メソッド定義元
  
serialize():String
u24 UPCを通してサーバーに送信するのに適応しているルーム設定のストリング表現を返します。
RoomSettings
プロパティの詳細
maxClientsプロパティ
public var maxClients:Object = null

バージョン : Reactor 1.0.0

同時にルームに入室できるクライアントの最大数です。 無制限にするには-1を使用します。 デフォルトは-1です。

passwordプロパティ 
public var password:String

バージョン : Reactor 1.0.0

入室に必要なパスワードです。 パスワード無しでクライアントがそのルームに入室、または観察することを許可するには、空の文字列 ("") をセットしてください。 ルームのパスワードを変更しないで残しておくには、nullをセットしてください。 この password 変数は現在割り当てているルーム設定オブジェクトにのみ適用され、Room の getRoomSettings() メソッドによって返される RoomSettings オブジェクトでは常に null となります。

removeOnEmptyプロパティ 
public var removeOnEmpty:Object = null

バージョン : Reactor 1.0.0

ルームが空になった(全てのクライアントが退室した)とき、それ自身を除去するかどうかを指定します。 デフォルトはtrueです。 falseのとき、ルームは永続し、サーバーから手動で削除する必要があります(クライアントはRoomManagerのremoveRoom()メソッドを通して手動でルームの除去要求を発行できます)。 removeOnEmpty が true の場合でかつ 5分以内にルームに入室したクライアントがいない場合、そのルームは自動的にサーバーから削除されます。

メソッドの詳細
serialize()メソッド
public function serialize():String

バージョン : Reactor 1.0.0

u24 UPCを通してサーバーに送信するのに適応しているルーム設定のストリング表現を返します。 このメソッドはReactorによって内部的に使用されます。

戻り値
String