パッケージnet.user1.reactor
インターフェイスpublic interface IConnection extends IEventDispatcher
実装元 Connection

バージョン : Reactor 1.0.0

IConnectionはUnionに接続するために全ての接続クラスが実装している必要があるインターフェースです。 ConnectionクラスはReactor SDKが提供し、ConnectionManagerが管理します。

Unionサーバーへの新しい接続を作成するには、Reactorのconnect()メソッドかConnectionManagerのconnect()メソッドを使用してください。

関連項目

HTTPConnection
XMLSocketConnection
Connection
ConnectionManager


パブリック メソッド
 メソッド定義元
  
connect():void
現在のホストとポートのUnionサーバーへの接続を試行します。
IConnection
  
disconnect():void
Unionサーバーへの接続を閉じます。
IConnection
  
dispose():void
接続オブジェクトを永久に無効化します。
IConnection
  
getHost():String
接続が行われる、または行われたホストを返します。
IConnection
  
getPort():int
接続が行われる、または行われたポートを返します。
IConnection
  
この接続によってsetServer()を通して要求されたホストを帰します。
IConnection
  
getType():String
接続の種類を返します。これはConnectionTypeクラスによって指定される種類のうちの一つです。
IConnection
  
isReady():Boolean
この接続が現在"ready"の状態かどうかを示します。
IConnection
  
isValid():Boolean
この接続が有効とみなされるかどうかを示します。
IConnection
  
send(data:*):void
Unionサーバーに指定のデータを送信します。
IConnection
  
setReactor(reactor:Reactor):void
このIConnectionがサーバー通信サービスを提供するReactorオブジェクトを割り当てます
IConnection
  
setServer(host:String, port:int):void
connect()メソッドに使用されるホストとポートを割り当てます。
IConnection
  
toString():String
このオブジェクトのString表現を提供します。
IConnection
メソッドの詳細
connect()メソッド
public function connect():void

バージョン : Reactor 1.0.0

現在のホストとポートのUnionサーバーへの接続を試行します。 この試行の結果はConnectionEvent.READYとConnectionEvent.CONNECT_FAILUREイベントを通して返されます。 connect()メソッドは通常直接使用することを意図したものではありません。 サーバーへの接続はかわりにReactorかConnectionManagerクラスを通して行われるべきです。

disconnect()メソッド 
public function disconnect():void

バージョン : Reactor 1.0.0

Unionサーバーへの接続を閉じます。 disconnect()メソッドは通常直接使用することを意図したものではありません。 サーバーからの切断はかわりにReactorかConnectionManagerクラスを通して要求されるべきです。

dispose()メソッド 
public function dispose():void

バージョン : Reactor 1.0.0

接続オブジェクトを永久に無効化します。

getHost()メソッド 
public function getHost():String

バージョン : Reactor 1.0.0

接続が行われる、または行われたホストを返します。

戻り値
String — ホストの名称かIPのストリング値です。 例えば、"example.com"か"192.168.0.1"です。
getPort()メソッド 
public function getPort():int

バージョン : Reactor 1.0.0

接続が行われる、または行われたポートを返します。

戻り値
int — 1から65535までの値です。
getRequestedHost()メソッド 
public function getRequestedHost():String

バージョン : Reactor 1.0.0

この接続によってsetServer()を通して要求されたホストを帰します。 もしそのホストがロードバランサーDNSサーバーである場合、接続に使用される実際のホスト(getHost()で返されるもの)は要求したホストと異なるかもしれません。

戻り値
String — 要求されたホストネームあるいはIPのストリング値です。 例えば、"example.com"か"192.168.0.1"です。
getType()メソッド 
public function getType():String

バージョン : Reactor 1.0.0

接続の種類を返します。これはConnectionTypeクラスによって指定される種類のうちの一つです。

戻り値
String — 接続の種類を表す文字列です。

関連項目

isReady()メソッド 
public function isReady():Boolean

バージョン : Reactor 1.0.0

この接続が現在"ready"の状態かどうかを示します。

戻り値
Boolean
isValid()メソッド 
public function isValid():Boolean

バージョン : Reactor 1.0.0

この接続が有効とみなされるかどうかを示します。 有効な接続とは現在"ready"状態であるか、現在は切断されていますが最近の接続の試行で"ready"状態になったものです。

戻り値
Boolean
send()メソッド 
public function send(data:*):void

バージョン : Reactor 1.0.0

Unionサーバーに指定のデータを送信します。 send()メソッドは直接使用することを意図したものではありません。 データはReactor APIを用いて送信されるべきです。 MessageManager, Room, RoomManager, Client, ClientManager, およびServerクラスを参照してください。 send()メソッドを通して送信された生の文字列にアクセスするには、ConnectionEvent.SEND_DATAイベントを登録してください。

パラメータ

data:*

関連項目

setReactor()メソッド 
public function setReactor(reactor:Reactor):void

バージョン : Reactor 1.0.0.

このIConnectionがサーバー通信サービスを提供するReactorオブジェクトを割り当てます このメソッドはIConnectionオブジェクトがConnectionManagerの接続リストに追加されたときにConnectionManagerによって自動的に呼び出されます。

パラメータ

reactor:Reactor — Reactorのインスタンスです。

関連項目

setServer()メソッド 
public function setServer(host:String, port:int):void

バージョン : Reactor 1.0.0.

connect()メソッドに使用されるホストとポートを割り当てます。

パラメータ

host:String — サーバーアドレスです(通常はIPアドレスかドメイン名です)。
 
port:int — 1から65536の間のポート番号です。 1-7番ポートは通常OSが使用するために予約されており、Reactorアプリケーションでは使用するべきではないことに注意してください。

関連項目

toString()メソッド 
public function toString():String

バージョン : Reactor 1.0.0

このオブジェクトのString表現を提供します。

戻り値
String