パッケージnet.user1.reactor
クラスpublic class HTTPConnection
継承HTTPConnection Inheritance Connection Inheritance flash.events.EventDispatcher
サブクラス SecureHTTPConnection

バージョン : Reactor 1.0.0

HTTPConnectionクラスはReactorがUnionサーバーとHTTPを通して通信するために使用します。 通常は、開発者はHTTPConnectionクラスを直接使う必要はなく、代わりにReactorクラスのconnect()メソッドを通して接続を行うとよいでしょう。 しかしながら、HTTPConnectionクラスは異なるホストアドレスで実行中の複数のUnionサーバーに対してフェイルオーバー接続を定義するといった、適度な粒度の接続設定のために必要です(ConnectionManagerのメインクラスエントリー内の例を参照してください)。

デフォルトでは、ReactorはUnionサーバーと通信するためにHTTPConnectionクラスではなく、XMLSocketConnectionクラスを使用します。 HTTPConnectionクラスは主にメインのXMLSocketConnection接続がファイアーウォールによってブロックされるときに要求されるバックアップ接続のために使用されます。 しかしながら、使用可能な永続ソケット接続数が制限されている大容量のサーバーにおいては、HTTPを通したUnionサーバーへの接続─これは短命なソケット接続を使用します─はリアルタイム応答にかかるパフォーマンスを向上できるでしょう。 HTTP通信時のサーバー負荷を削減するには、HTTPConnectionのsetSendDelay()メソッドを使用してReactorがUnionサーバーからのアップデートを要求する頻度を減少させます。 Unionサーバーとの通信にHTTP接続をメイン形態として使用したい開発者はConnectionManagerクラスのaddConnetion()メソッドを通して手動で接続をそのように設定する必要があります。

関連項目

Reactor.connect()
ConnectionManager.connect()
XMLSocketConnection
ConnectionManager.addConnection()
SecureHTTPConnection


パブリック メソッド
 メソッド定義元
  
HTTPConnection(host:String, port:int = 80, type:String = null)
HTTPConnection
  
connect():void
[オーバーライド] ドキュメントはIConnectionのconnect()メソッドを参照してください。
HTTPConnection
 Inherited
disconnect():void
ドキュメントはIConnectionのdisconnect()メソッドを参照してください。
Connection
  
dispose():void
[オーバーライド] このオブジェクトを永久に無効化します。
HTTPConnection
 Inherited
getHost():String
ドキュメントはIConnectionのgetHost()メソッドを参照してください。
Connection
 Inherited
getPort():int
ドキュメントはIConnectionのgetPort()メソッドを参照してください。
Connection
 Inherited
このConnectionオブジェクトがready状態を達成した回数を示すint値を返します。
Connection
 Inherited
ドキュメントはIConnectionのgetRequestedHost()メソッドを参照してください。
Connection
  
この接続の送信ディレイを返します。
HTTPConnection
 Inherited
getType():String
ドキュメントはIConnectionのgetType()メソッドを参照してください。
Connection
 Inherited
isReady():Boolean
ドキュメントはIConnectionのisReady()メソッドを参照してください。
Connection
 Inherited
isValid():Boolean
ドキュメントはIConnectionのisValid()メソッドを参照してください。
Connection
  
send(data:*):void
[オーバーライド] ドキュメントはIConnectionのsend()メソッドを参照してください。
HTTPConnection
 Inherited
setReactor(reactor:Reactor):void
Connection
  
setRetryDelay(milliseconds:int):void
HTTPConnection
  
setSendDelay(milliseconds:int):void
接続のバッチメッセージ送信レートを増加または減少させるか、またはバッチ送信を完全に無効化します。
HTTPConnection
  
setServer(host:String, port:int):void
[オーバーライド] ドキュメントはIConnectionのsetServer()メソッドを参照してください。
HTTPConnection
  
toString():String
[オーバーライド] このオブジェクトのString表現を提供します。
HTTPConnection
Events
 Event Summary 定義元
 Inherited IConnectionオブジェクトによる接続試行を開始するときに送出されます。Connection
 Inherited IConnectionオブジェクトがUnionサーバー接続の"ハンドシェイク"フェーズを開始するときに送出されます。Connection
 Inherited IConnectionオブジェクトのサーバーへの接続がクライアントによって切断されたときに送出されます。Connection
 Inherited IConnectionオブジェクトによる接続試行が失敗するときに送出されます。Connection
 Inherited IConnectionオブジェクトがサーバーとの接続を完全に初期化したときに送出されます。Connection
 Inherited IConnectionオブジェクトがUnionサーバーからあらゆる種類のデータを受け取ったときに送出されます。Connection
   UPCフォーマットのメッセージをIConnectionオブジェクトから受信するときに送出されます。HTTPConnection
 Inherited IConnectionオブジェクトがUnionサーバーにあらゆる種類のデータを送信したときに送出されます。Connection
 Inherited IConnectionオブジェクトのサーバーへの接続がサーバーによって切断されたときに送出されます。Connection
 Inherited Unionサーバーがクライアントに、クライアントからのメッセージ内のセッションIDが不明なセッションを参照していることを通知するときに送出されます。Connection
 Inherited Unionサーバーがクライアントに、そのセッションが中断されたことを通知するときに送出されます。Connection
パブリック 定数
 定数定義元
  DEFAULT_SEND_DELAY : int = 200
[静的] 新しいHTTPConnectionオブジェクトに使用されるデフォルトの送信ディレイです。
HTTPConnection
コンストラクタの詳細
HTTPConnection()コンストラクタ
public function HTTPConnection(host:String, port:int = 80, type:String = null)



パラメータ
host:String
 
port:int (default = 80)
 
type:String (default = null)
メソッドの詳細
connect()メソッド
override public function connect():void

バージョン : Reactor 1.0.0

ドキュメントはIConnectionのconnect()メソッドを参照してください。

関連項目

dispose()メソッド 
override public function dispose():void

バージョン : Reactor 1.0.0

このオブジェクトを永久に無効化します。

getSendDelay()メソッド 
public function getSendDelay():int

バージョン : Reactor 1.0.0

この接続の送信ディレイを返します。 詳細は、setSendDelay()を参照してください。

戻り値
int

関連項目

send()メソッド 
override public function send(data:*):void

バージョン : Reactor 1.0.0

ドキュメントはIConnectionのsend()メソッドを参照してください。

パラメータ

data:*

関連項目

setRetryDelay()メソッド 
public function setRetryDelay(milliseconds:int):void

パラメータ

milliseconds:int

setSendDelay()メソッド 
public function setSendDelay(milliseconds:int):void

バージョン : Reactor 1.0.0

接続のバッチメッセージ送信レートを増加または減少させるか、またはバッチ送信を完全に無効化します。 ReactorのHTTPConnetionクラスはバッチメッセージ送信システムを使用し、サーバー負荷とクライアント側のHTTPリクエスト量を削減します。 デフォルト設定では、HTTPConnectionがHTTPリクエストを通してメッセージをUnionサーバーに送信するとき、"送信カウントダウン"として知られるカウントダウンを開始します。 送信カウントダウンの時間は"送信ディレイ"として知られます(setSendDelay()メソッドを通して設定可能です)。) 送信カウントダウンが終わるか、そのHTTPリクエストへの応答を受信するまで(どちらでも先に来た方)、全ての外向きのメッセージはキューに入ります。 キューは外向きのHTTPリクエストが完了し、(もしあれば)送信カウントダウンが完了したときにフラッシュされます。

Reactorのバッチメッセージ送信システムは Union の "バイナリリクエスト" HTTP通信モデルの一部です。このモデルは二つの方針をバランスします: 一つは、応答性を最大化するために、Reactorは常にUnionサーバーに対して開かれたHTTPリクエストを保持します(これはサーバーからのメッセージの受信に使用します)。もう一方は、効率を最大化するために、外向きのHTTPリクエストが既に待ち状態であるときには Reactor は絶対に追加のリクエスト送信を行わず、待ち状態の外向きのHTTPリクエストが無いときには Reactor は Unionサーバーに指定された送信ディレイ以上の頻度では決してメッセージを送りません。

デフォルトの送信ディレイはHTTPCOnnection.DEFAULT_SEND_DELAYで定義され、大多数のアプリケーションに適合します。 しかしながら、サーバー負荷を削減する必要があるアプリケーションは送信ディレイを増加させることでメッセージ配送頻度を下げる選択ができます。 反対に、最大の応答性を必要とするアプリケーションは送信ディレイを減少させることでメッセージ配送頻度をあげるか、メッセージキューを完全に無効化するために送信ディレイを-1にセットするという選択ができます。 メッセージキューが無効なとき、既に待ち状態の外向きのリクエストが無く、送信すべきメッセージがあるときにはいつでも新たな外向きのHTTPリクエストがオープンされます。 警告: 送信ディレイを無効化するか、あるいはそれを 200ミリ秒より低い値に設定することは、サーバー負荷の上昇を招くおそれがあります。 送信ディレイをカスタム値にセットするときは、確実にアプリケーション全体の挙動をテストしてください。

パラメータ

milliseconds:int — ミリ秒で表した、バッチ処理されるメッセージの送信ディレイです。 デフォルトはHTTPConnection.DEFAULT_SEND_DELAYです。

関連項目

setServer()メソッド 
override public function setServer(host:String, port:int):void

バージョン : Reactor 1.0.0

ドキュメントはIConnectionのsetServer()メソッドを参照してください。

パラメータ

host:String
 
port:int

関連項目

toString()メソッド 
override public function toString():String

バージョン : Reactor 1.0.0

このオブジェクトのString表現を提供します。

戻り値
String
Event Detail
RECEIVE_UPC イベント
Event Object Type: ConnectionEvent
ConnectionEvent.type variable = net.user1.reactor.ConnectionEvent.RECEIVE_UPC

UPCフォーマットのメッセージをIConnectionオブジェクトから受信するときに送出されます。

関連項目

定数の詳細
DEFAULT_SEND_DELAY定数
public static const DEFAULT_SEND_DELAY:int = 200

バージョン : Reactor 1.0.0

新しいHTTPConnectionオブジェクトに使用されるデフォルトの送信ディレイです。 詳細は、setSendDelay()を参照してください。

関連項目