パッケージnet.user1.reactor
クラスpublic class GatewayBandwidth
継承GatewayBandwidth Inheritance Object

バージョン : Reactor 2.0.1

Union Server上にデプロイされたゲートウェイの帯域幅利用およびスループットに関する情報を提供するシンプルなデータクラスです。

関連項目

Gateway
net.user1.reactor.snapshot.GatewaysSnapshot


パブリック プロパティ
 プロパティ定義元
  averageRead : Number
このゲートウェイが、サーバーを起動してから受信した全てのクライアントからの毎秒の受信バイト数の平均値です。
GatewayBandwidth
  averageWritten : Number
このゲートウェイが、サーバーを起動してから送信した全てのクライアントへの毎秒の送信バイト数の平均値です。
GatewayBandwidth
  intervalRead : Number
このゲートウェイが、リクエストの直前の1秒間に受信した全てのクライアントからの受信バイト数です。(つまり「現在の毎秒受信バイト数」)
GatewayBandwidth
  intervalWritten : Number
このゲートウェイが、リクエストの直前の1秒間に送信した全てのクライアントへの送信バイト数です。(つまり「現在の毎秒送信バイト数」)
GatewayBandwidth
  lifetimeRead : Number
このゲートウェイが、サーバーを起動してから受信した全てのクライアントからの受信バイト数の合計値です。
GatewayBandwidth
  lifetimeWritten : Number
このゲートウェイが、サーバーを起動してから送信した全てのクライアントへの送信バイト数の合計値です。
GatewayBandwidth
  maxIntervalRead : Number
このゲートウェイが、サーバーを起動してから受信した全てのクライアントからの毎秒の受信バイト数の最大値です。
GatewayBandwidth
  maxIntervalWritten : Number
このゲートウェイが、サーバーを起動してから送信した全てのクライアントへの毎秒の送信バイト数の最大値です。
GatewayBandwidth
  scheduledWrite : Number
このゲートウェイを通して現在サーバーへ接続されているクライアントが予定している転送バイト数です(つまり、送信バッファに入っているバイト数です)。
GatewayBandwidth
プロパティの詳細
averageReadプロパティ
public var averageRead:Number

バージョン : Reactor 2.0.1

このゲートウェイが、サーバーを起動してから受信した全てのクライアントからの毎秒の受信バイト数の平均値です。

averageWrittenプロパティ 
public var averageWritten:Number

バージョン : Reactor 2.0.1

このゲートウェイが、サーバーを起動してから送信した全てのクライアントへの毎秒の送信バイト数の平均値です。

intervalReadプロパティ 
public var intervalRead:Number

バージョン : Reactor 2.0.1

このゲートウェイが、リクエストの直前の1秒間に受信した全てのクライアントからの受信バイト数です。(つまり「現在の毎秒受信バイト数」)

intervalWrittenプロパティ 
public var intervalWritten:Number

バージョン : Reactor 2.0.1

このゲートウェイが、リクエストの直前の1秒間に送信した全てのクライアントへの送信バイト数です。(つまり「現在の毎秒送信バイト数」)

lifetimeReadプロパティ 
public var lifetimeRead:Number

バージョン : Reactor 2.0.1

このゲートウェイが、サーバーを起動してから受信した全てのクライアントからの受信バイト数の合計値です。

lifetimeWrittenプロパティ 
public var lifetimeWritten:Number

バージョン : Reactor 2.0.1

このゲートウェイが、サーバーを起動してから送信した全てのクライアントへの送信バイト数の合計値です。

maxIntervalReadプロパティ 
public var maxIntervalRead:Number

バージョン : Reactor 2.0.1

このゲートウェイが、サーバーを起動してから受信した全てのクライアントからの毎秒の受信バイト数の最大値です。

maxIntervalWrittenプロパティ 
public var maxIntervalWritten:Number

バージョン : Reactor 2.0.1

このゲートウェイが、サーバーを起動してから送信した全てのクライアントへの毎秒の送信バイト数の最大値です。

scheduledWriteプロパティ 
public var scheduledWrite:Number

バージョン : Reactor 2.0.1

このゲートウェイを通して現在サーバーへ接続されているクライアントが予定している転送バイト数です(つまり、送信バッファに入っているバイト数です)。