パッケージnet.user1.reactor
クラスpublic class ConnectionManagerEvent
継承ConnectionManagerEvent Inheritance flash.events.Event

バージョン : Reactor 1.0.0

ConnectionManagerEventは登録されたイベントリスナーに対して接続管理イベントに関する情報を渡すために使用されるシンプルなデータクラスです。 ConnectionManagerEventクラスは利用可能な接続管理イベントを表す定数の定義も行います。

関連項目

ConnectionEvent


パブリック メソッド
 メソッド定義元
  
ConnectionManagerEvent(type:String, bubbles:Boolean = false, cancelable:Boolean = false, connection:IConnection = null, status:String = null)
新しいConnectionManagerEventオブジェクトを初期化します。
ConnectionManagerEvent
  
clone():Event
[オーバーライド]
ConnectionManagerEvent
  
このイベントに関する下層のIConnectionオブジェクトを返します。
ConnectionManagerEvent
  
getStatus():String
イベントのステータスを返します。
ConnectionManagerEvent
  
toString():String
[オーバーライド]
ConnectionManagerEvent
パブリック 定数
 定数定義元
  BEGIN_CONNECT : String = BEGIN_CONNECT
[静的] ConnectionManagerによる接続試行が開始するときにトリガーされるイベントです。
ConnectionManagerEvent
  CLIENT_KILL_CONNECT : String = CLIENT_KILL_CONNECT
[静的] クライアントがアクティブな接続を閉じるときにトリガーされるイベントです。
ConnectionManagerEvent
  CONNECT_FAILURE : String = CONNECT_FAILURE
[静的] ConnectionManagerによる接続試行が失敗するときにトリガーされるイベントです。
ConnectionManagerEvent
  CONNECTION_STATE_CHANGE : String = CONNECTION_STATE_CHANGE
[静的] An event triggered when the ConnectionManager's state changes (e.g., from "CONNECTION_IN_PROGRESS" to "READY").
ConnectionManagerEvent
  DISCONNECT : String = DISCONNECT
[静的] クライアントかサーバーのどちらかがアクティブな接続を閉じるときにトリガーされるイベントです。
ConnectionManagerEvent
  READY : String = READY
[静的] ConnectionManagerの接続リスト内のIConnectionオブジェクトの一つがREADY状態を達成するときにトリガーされるイベントです。
ConnectionManagerEvent
  SELECT_CONNECTION : String = SELECT_CONNECTION
[静的] ConnectionManagerが接続試行のためにIConnectionオブジェクトを選択するときにトリガーされるイベントです。
ConnectionManagerEvent
  SERVER_KILL_CONNECT : String = SERVER_KILL_CONNECT
[静的] サーバーがアクティブな接続を閉じるときにトリガーされるイベントです。
ConnectionManagerEvent
コンストラクタの詳細
ConnectionManagerEvent()コンストラクタ
public function ConnectionManagerEvent(type:String, bubbles:Boolean = false, cancelable:Boolean = false, connection:IConnection = null, status:String = null)

バージョン : Reactor 1.0.0

新しいConnectionManagerEventオブジェクトを初期化します。

パラメータ
type:String
 
bubbles:Boolean (default = false)
 
cancelable:Boolean (default = false)
 
connection:IConnection (default = null)
 
status:String (default = null)
メソッドの詳細
clone()メソッド
override public function clone():Event

戻り値
Event
getConnection()メソッド 
public function getConnection():IConnection

バージョン : Reactor 1.0.0

このイベントに関する下層のIConnectionオブジェクトを返します。 getConnection()メソッドは次のイベントで使用可能です:

戻り値
IConnection
getStatus()メソッド 
public function getStatus():String

バージョン : Reactor 1.0.0

イベントのステータスを返します。 getStatus()メソッドはConnectionManagerEvent.CONNECT_FAILUREイベントでのみ使用可能です。

戻り値
String
toString()メソッド 
override public function toString():String

戻り値
String
定数の詳細
BEGIN_CONNECT定数
public static const BEGIN_CONNECT:String = BEGIN_CONNECT

バージョン : Reactor 1.0.0

ConnectionManagerによる接続試行が開始するときにトリガーされるイベントです。 ConnectionManagerEvent.BEGIN_CONNECTイベントの後にはConnectionManagerEvent.SELECT_CONNECTIONイベントが続きます。これはConnectionManagerがその接続試行に用いる特定のIConnectionオブジェクトを示します。

関連項目

CLIENT_KILL_CONNECT定数 
public static const CLIENT_KILL_CONNECT:String = CLIENT_KILL_CONNECT

バージョン : Reactor 1.0.0

クライアントがアクティブな接続を閉じるときにトリガーされるイベントです。 ConnectionManagerEvent.CLIENT_KILL_CONNECTイベントの後には常にConnectionManagerEvent.DISCONNECTイベントが続きます。

関連項目

CONNECT_FAILURE定数 
public static const CONNECT_FAILURE:String = CONNECT_FAILURE

バージョン : Reactor 1.0.0

ConnectionManagerによる接続試行が失敗するときにトリガーされるイベントです。 接続失敗の一般的な原因:

ConnectionManagerEvent.CONNECT_FAILUREイベントはConnectionManagerがその接続リスト内の全ての接続を使用して接続試行を行って、そのうち一つも"ready"状態を達成しなかったときにConnectionManagerクラスによってトリガーされるイベントです。 便宜的に、接続試行が失敗するとき、ReactorオブジェクトもReactorEvent.CLOSEイベントを送出します。

関連項目

CONNECTION_STATE_CHANGE定数 
public static const CONNECTION_STATE_CHANGE:String = CONNECTION_STATE_CHANGE

バージョン : Reactor 2.1.1

An event triggered when the ConnectionManager's state changes (e.g., from "CONNECTION_IN_PROGRESS" to "READY"). とりうる状態の一覧については、ConnectionStateクラスを参照してください。

The following example code registers for the CONNECTION_STATE_CHANGE event, and displays the ConnectionManager's new connection state in the output console.

     // Event registration
     reactor.getConnectionManager().addEventListener(
                         ConnectionManagerEvent.CONNECTION_STATE_CHANGE, 
                         connectionStateChangeListener);
     
     // Event listener definition
     function connectionStateChangeListener (e:ConnectionManagerEvent):void {
       trace("New connection state: " + getStateName(ConnectionManager(e.target).getConnectionState()));
     }
     
     // Helper function to translate numeric state codes to human-readable strings
     function getStateName (state:int):String {
       switch (state) {
         case -1:
           return "UNKNOWN";
         case 0:
           return "NOT_CONNECTED";
         case 1:
           return "READY";
         case 2:
           return "CONNECTION_IN_PROGRESS";
         case 3:
           return "DISCONNECTION_IN_PROGRESS";
         case 4:
           return "LOGGED_IN";
         default:
           return "UNRECOGNIZED STATE";
       }
     }
     

関連項目

DISCONNECT定数 
public static const DISCONNECT:String = DISCONNECT

バージョン : Reactor 1.0.0

クライアントかサーバーのどちらかがアクティブな接続を閉じるときにトリガーされるイベントです。 ConnectionManagerEvent.DISCONNECTには常にConnectionManagerEvent.CLIENT_KILL_CONNECTイベントかConnectionManagerEvent.SERVER_KILL_CONNECTのどちらかが先行します。これは切断がクライアントとサーバーのどちらから行われたかを示します。

READY定数 
public static const READY:String = READY

バージョン : Reactor 1.0.0

ConnectionManagerの接続リスト内のIConnectionオブジェクトの一つがREADY状態を達成するときにトリガーされるイベントです。 便宜的に、ConnectionManagerEvent.READYイベントは、次に、常にReactorEvent.READYイベントをトリガーします。 ready状態を達成した下層のIConnectionオブジェクトへの参照を取得するには、ConnectionManagerのgetActiveConnection()メソッドを使用してください。

関連項目

SELECT_CONNECTION定数 
public static const SELECT_CONNECTION:String = SELECT_CONNECTION

バージョン : Reactor 1.0.0

ConnectionManagerが接続試行のためにIConnectionオブジェクトを選択するときにトリガーされるイベントです。 接続を選択すると、その直後にConnectionManagerはその接続を試行します。 次に、そのIConnectionオブジェクト自体が、Unionに接続できたかどうかを示すそれ自身のConnectionEventを送出します。 もしそのIConnectionオブジェクト自体が接続できない場合、ConnectionManagerは自動的に次の利用可能なIConnectionオブジェクトに移ります。 もしConnectionManagerのリスト内のいずれかのIConnectionオブジェクトが接続に成功すると、ConnectionManagerは次にConnectionManagerEvent.READYイベントをトリガーします。 もし、一方で、IConnectionオブジェクトが一つも接続しなかった場合、ConnectionManagerはConnectionManagerEvent.CONNECT_FAILUREイベントをトリガーし、そのリスト内のどのIConnectionオブジェクトを通しても接続を確立できなかったことを示します。

新しいIConnectionオブジェクトをConnectionManagerの接続リストに加えるには、ConnectionManagerのaddConnection()メソッドを使用してください。

関連項目

SERVER_KILL_CONNECT定数 
public static const SERVER_KILL_CONNECT:String = SERVER_KILL_CONNECT

バージョン : Reactor 1.0.0

サーバーがアクティブな接続を閉じるときにトリガーされるイベントです。 ConnectionManagerEvent.SERVER_KILL_CONNECTイベントの後には常にConnectionManagerEvent.DISCONNECTイベントが続きます。

関連項目