パッケージnet.user1.reactor
クラスpublic class ClientManagerEvent
継承ClientManagerEvent Inheritance flash.events.Event

バージョン : Reactor 1.0.0

ClientManagerEventはクライアント管理イベントが発生するときにアプリケーションのClientManagerから登録済みのイベントリスナーに情報を渡すためのシンプルなデータクラスです。 ClientManagerEventクラスは利用可能なクライアント管理イベントを表す定数定義も行います。

クライアント管理イベントを登録するには、次のコードに示すようにClientManagerのaddEventListener()メソッドを使用してください:

   var clientMan:ClientManager = reactor.getClientManager();
   clientMan.addEventListener(ClientManagerEvent.CLIENT_CONNECTED, clientConnectedListener);
   

例を表示

関連項目

ClientManager
ClientManager.addEventListener()


パブリック メソッド
 メソッド定義元
  
ClientManagerEvent(type:String, bubbles:Boolean = false, cancelable:Boolean = false, clientID:String = null, client:IClient = null, address:String = null, status:String = null)
コンストラクタ
ClientManagerEvent
  
clone():Event
[オーバーライド]
ClientManagerEvent
  
getAddress():String
BANされたか、BANを解除されたアドレスのどちらかを返します。
ClientManagerEvent
  
このイベントが関係するクライアントのClientオブジェクトを返します。
ClientManagerEvent
  
getClientID():String
このイベントが関係するクライアントのclientIDを返します。
ClientManagerEvent
  
getStatus():String
このイベントが関係するクライアント管理操作の状態を返します。
ClientManagerEvent
  
toString():String
[オーバーライド]
ClientManagerEvent
パブリック 定数
 定数定義元
  ADDRESS_BANNED : String = ADDRESS_BANNED
[静的] この ClientManager がUnionサーバーから、あるクライアントアドレスがBANされたと通知を受けたときに送出されます。
ClientManagerEvent
  ADDRESS_UNBANNED : String = ADDRESS_UNBANNED
[静的] この ClientManager がUnionサーバーから、あるクライアントアドレスのBANが解除されたと通知を受けたときに送出されます。
ClientManagerEvent
  BAN_RESULT : String = BAN_RESULT
[静的] 先に行われた Client.ban() または ClientManager.ban() 要求の結果を受け取ったときに送出されます。
ClientManagerEvent
  CLIENT_CONNECTED : String = CLIENT_CONNECTED
[静的] ClientManagerがUnionサーバーからクライアントの接続を通知されたときに送出されます。
ClientManagerEvent
  CLIENT_DISCONNECTED : String = CLIENT_DISCONNECTED
[静的] ClientManagerがUnionサーバーからクライアントの切断を通知されたときに送出されます。
ClientManagerEvent
  KICK_RESULT : String = KICK_RESULT
[静的] 先に行われた Client.kick() または ClientManager.kickClient() 要求の結果を受け取ったときに送出されます。
ClientManagerEvent
  STOP_WATCHING_FOR_BANNED_ADDRESSES_RESULT : String = STOP_WATCHING_FOR_BANNED_ADDRESSES_RESULT
[静的] 先に行われた ClientManager.stopWatchingForBannedAddresses() の呼び出し結果を受け取ったときに送出されます。
ClientManagerEvent
  STOP_WATCHING_FOR_CLIENTS_RESULT : String = STOP_WATCHING_FOR_CLIENTS_RESULT
[静的] ClientManagerが先に行われたstopWatchingForClients()要求の結果を受信するときに送出されます。
ClientManagerEvent
  SYNCHRONIZE : String = SYNCHRONIZE
[静的] ClientManager のクライアントリストが watchForClients() 要求のあとで同期したときに送出されます。
ClientManagerEvent
  SYNCHRONIZE_BANLIST : String = SYNCHRONIZE_BANLIST
[静的] ClientManager のクライアントリストが watchForBannedAddresses() 要求のあとで同期したときに送出されます。
ClientManagerEvent
  UNBAN_RESULT : String = UNBAN_RESULT
[静的] 先に行われた ClientManager.unban() 要求の結果を受信したときに送出されます。
ClientManagerEvent
  WATCH_FOR_BANNED_ADDRESSES_RESULT : String = WATCH_FOR_BANNED_ADDRESSES_RESULT
[静的] 先に行われた ClientManager.watchForBannedAddresses() 呼び出しの結果を受信したときに送出されます。
ClientManagerEvent
  WATCH_FOR_CLIENTS_RESULT : String = WATCH_FOR_CLIENTS_RESULT
[静的] ClientManagerが先に行われたwatchForClients()要求の結果を受信するときに送出されます。
ClientManagerEvent
コンストラクタの詳細
ClientManagerEvent()コンストラクタ
public function ClientManagerEvent(type:String, bubbles:Boolean = false, cancelable:Boolean = false, clientID:String = null, client:IClient = null, address:String = null, status:String = null)

コンストラクタ

パラメータ
type:String
 
bubbles:Boolean (default = false)
 
cancelable:Boolean (default = false)
 
clientID:String (default = null)
 
client:IClient (default = null)
 
address:String (default = null)
 
status:String (default = null)
メソッドの詳細
clone()メソッド
override public function clone():Event

戻り値
Event
getAddress()メソッド 
public function getAddress():String

バージョン : Reactor 1.0.0

BANされたか、BANを解除されたアドレスのどちらかを返します。 このメソッドは次のイベントに適用されます。

戻り値
String
getClient()メソッド 
public function getClient():IClient

バージョン : Reactor 1.0.0

このイベントが関係するクライアントのClientオブジェクトを返します。 例えば、ClientManagerEvent.CLIENT_DISCONNECTEDイベントにおいては、getClient()は切断されたclientのIClientオブジェクトを返します。

戻り値
IClient
getClientID()メソッド 
public function getClientID():String

バージョン : Reactor 1.0.0

このイベントが関係するクライアントのclientIDを返します。 例えば、ClientManagerEvent.CLIENT_CONNECTEDイベントにおいては、getClientID()は接続されたクライアントのclientIDを返します。

戻り値
String
getStatus()メソッド 
public function getStatus():String

バージョン : Reactor 1.0.0

このイベントが関係するクライアント管理操作の状態を返します。 getStatus()メソッドの戻り値は常にStatusクラスの定数のどれかです。 例えば、getStatus()はStatus.SUCCESSなどの値を返します。 特定のClientManagerEventイベントにおいて有効な特定のステータス値のリストについては、そのイベントのドキュメントを参照してください。

戻り値
String
toString()メソッド 
override public function toString():String

戻り値
String
定数の詳細
ADDRESS_BANNED定数
public static const ADDRESS_BANNED:String = ADDRESS_BANNED

バージョン : Reactor 1.0.0

この ClientManager がUnionサーバーから、あるクライアントアドレスがBANされたと通知を受けたときに送出されます。 このイベントはこの ClientManager がBANされたアドレスを監視している(watchForBannedAddresses()を参照)ときにのみ有効です。

関連項目

ADDRESS_UNBANNED定数 
public static const ADDRESS_UNBANNED:String = ADDRESS_UNBANNED

バージョン : Reactor 1.0.0

この ClientManager がUnionサーバーから、あるクライアントアドレスのBANが解除されたと通知を受けたときに送出されます。 このイベントはこの ClientManager がBANされたアドレスを監視している(watchForBannedAddresses()を参照)ときにのみ有効です。

関連項目

BAN_RESULT定数 
public static const BAN_RESULT:String = BAN_RESULT

バージョン : Reactor 1.0.0

先に行われた Client.ban() または ClientManager.ban() 要求の結果を受け取ったときに送出されます。

関連項目

CLIENT_CONNECTED定数 
public static const CLIENT_CONNECTED:String = CLIENT_CONNECTED

バージョン : Reactor 1.0.0

ClientManagerがUnionサーバーからクライアントの接続を通知されたときに送出されます。 このイベントはClientManagerがクライアントを監視しているときにのみ利用可能です(watchForClients()を参照してください)。

関連項目

CLIENT_DISCONNECTED定数 
public static const CLIENT_DISCONNECTED:String = CLIENT_DISCONNECTED

バージョン : Reactor 1.0.0

ClientManagerがUnionサーバーからクライアントの切断を通知されたときに送出されます。 このイベントはClientManagerがクライアントを監視している(watchForClients()を参照)か、切断したクライアントを観察しているとき(observeClient()を参照)にのみ利用可能です。

関連項目

KICK_RESULT定数 
public static const KICK_RESULT:String = KICK_RESULT

バージョン : Reactor 1.0.0

先に行われた Client.kick() または ClientManager.kickClient() 要求の結果を受け取ったときに送出されます。

関連項目

STOP_WATCHING_FOR_BANNED_ADDRESSES_RESULT定数 
public static const STOP_WATCHING_FOR_BANNED_ADDRESSES_RESULT:String = STOP_WATCHING_FOR_BANNED_ADDRESSES_RESULT

バージョン : Reactor 1.0.0

先に行われた ClientManager.stopWatchingForBannedAddresses() の呼び出し結果を受け取ったときに送出されます。

関連項目

STOP_WATCHING_FOR_CLIENTS_RESULT定数 
public static const STOP_WATCHING_FOR_CLIENTS_RESULT:String = STOP_WATCHING_FOR_CLIENTS_RESULT

バージョン : Reactor 1.0.0

ClientManagerが先に行われたstopWatchingForClients()要求の結果を受信するときに送出されます。 試行結果を診断するには、getStatus()を使用します。これは次の値をとる可能性があります。

関連項目

SYNCHRONIZE定数 
public static const SYNCHRONIZE:String = SYNCHRONIZE

バージョン : Reactor 1.0.0

ClientManager のクライアントリストが watchForClients() 要求のあとで同期したときに送出されます。

関連項目

SYNCHRONIZE_BANLIST定数 
public static const SYNCHRONIZE_BANLIST:String = SYNCHRONIZE_BANLIST

バージョン : Reactor 1.0.0

ClientManager のクライアントリストが watchForBannedAddresses() 要求のあとで同期したときに送出されます。

関連項目

UNBAN_RESULT定数 
public static const UNBAN_RESULT:String = UNBAN_RESULT

バージョン : Reactor 1.0.0

先に行われた ClientManager.unban() 要求の結果を受信したときに送出されます。

関連項目

WATCH_FOR_BANNED_ADDRESSES_RESULT定数 
public static const WATCH_FOR_BANNED_ADDRESSES_RESULT:String = WATCH_FOR_BANNED_ADDRESSES_RESULT

バージョン : Reactor 1.0.0

先に行われた ClientManager.watchForBannedAddresses() 呼び出しの結果を受信したときに送出されます。

関連項目

WATCH_FOR_CLIENTS_RESULT定数 
public static const WATCH_FOR_CLIENTS_RESULT:String = WATCH_FOR_CLIENTS_RESULT

バージョン : Reactor 1.0.0

ClientManagerが先に行われたwatchForClients()要求の結果を受信するときに送出されます。 要求の結果を確認するためには、getStatus()を使用してください。これは次の戻り値のうちどれかになります:

関連項目

次のコードではClientManagerEvent.WATCH_FOR_CLIENTS_RESULTリスナーがgetStatus()を用いて先のwatchForClients()呼び出しが成功したかどうかを確認します。
   var clientMan:ClientManager = reactor.getClientManager();
   clientMan.addEventListener(ClientManagerEvent.WATCH_FOR_CLIENTS_RESULT, 
                              watchForClientsResultListener);
   private function watchForClientsResultListener (e:ClientManagerEvent):void {
     if (e.getStatus() != Status.SUCCESS) {
       displayError();  // displayError()コードはここには示しません
     }
   }