パッケージnet.user1.reactor
クラスpublic class AttributeEvent
継承AttributeEvent Inheritance flash.events.Event

バージョン : Reactor 1.0.0

AttributeEventは属性イベントが発生するときにオブジェクトから登録されたイベントリスナーへと情報を渡すシンプルなデータクラスです。 AttributeEventクラスは利用可能な属性イベントを表す定数の定義も行います。 属性イベントを登録するには、Client、UserAccount、あるいはRoomクラスのaddEventListener()メソッドを使用してください。 次のコードで実例を示します。
   // イベント登録コード
   someClient.addEventListener(AttributeEvent.UPDATE,
                               attributeUpdateListener);
   // イベントリスナーのコード
   protected function attributeUpdateListener (e:AttributeEvent):void {
     if (e.getChangedAttr().name == "ICON") {
       // 新しいユーザーアイコンを表示します(displayUserIcon()関数の 
       // 定義はここでは示しません)
       displayUserIcon(e.getChangedAttr().value);
     }
   }

関連項目

Client.setAttribute()
UserAccount.setAttribute()
Room.setAttribute()


パブリック メソッド
 メソッド定義元
  
AttributeEvent(type:String, bubbles:Boolean = false, cancelable:Boolean = false, changedAttr:Attribute = null, status:String = null)
コンストラクタ
AttributeEvent
  
clone():Event
[オーバーライド]
AttributeEvent
  
このクライアントイベントに関する属性オブジェクトを返します。
AttributeEvent
  
getStatus():String
このイベントに関係する操作のステータスを返します。
AttributeEvent
  
toString():String
[オーバーライド]
AttributeEvent
パブリック 定数
 定数定義元
  DELETE : String = DELETE
[静的] 属性が削除されるときに送出されます。
AttributeEvent
  DELETE_RESULT : String = DELETE_RESULT
[静的] 属性の削除試行の結果を受信したときに送出されます。
AttributeEvent
  SET_RESULT : String = SET_RESULT
[静的] 属性のセット試行の結果を受信したときに送出されます。
AttributeEvent
  UPDATE : String = UPDATE
[静的] 属性が変化するか最初にセットされるときに送出されます。
AttributeEvent
コンストラクタの詳細
AttributeEvent()コンストラクタ
public function AttributeEvent(type:String, bubbles:Boolean = false, cancelable:Boolean = false, changedAttr:Attribute = null, status:String = null)

コンストラクタ

パラメータ
type:String
 
bubbles:Boolean (default = false)
 
cancelable:Boolean (default = false)
 
changedAttr:Attribute (default = null)
 
status:String (default = null)
メソッドの詳細
clone()メソッド
override public function clone():Event

戻り値
Event
getChangedAttr()メソッド 
public function getChangedAttr():Attribute

バージョン : Reactor 1.0.0

このクライアントイベントに関する属性オブジェクトを返します。 Attributeオブジェクトは変更された属性に関する情報を保持します。

戻り値
Attribute
getStatus()メソッド 
public function getStatus():String

バージョン : Reactor 1.0.0

このイベントに関係する操作のステータスを返します。 getStatus()メソッドの戻り値は常にStatusクラスの定数のどれかです。 特定のイベントが発生したときに返されうるステータス値のリストについては、そのイベントのドキュメントを参照してください。

戻り値
String
toString()メソッド 
override public function toString():String

戻り値
String
定数の詳細
DELETE定数
public static const DELETE:String = DELETE

バージョン : Reactor 1.0.0

属性が削除されるときに送出されます。

関連項目

DELETE_RESULT定数 
public static const DELETE_RESULT:String = DELETE_RESULT

バージョン : Reactor 1.0.0

属性の削除試行の結果を受信したときに送出されます。 試行結果を診断するには、getStatus()を使用します。これは次の値をとる可能性があります。

関連項目

SET_RESULT定数 
public static const SET_RESULT:String = SET_RESULT

バージョン : Reactor 1.0.0

属性のセット試行の結果を受信したときに送出されます。 試行結果を診断するには、getStatus()を使用します。これは次の値をとる可能性があります。

関連項目

UPDATE定数 
public static const UPDATE:String = UPDATE

バージョン : Reactor 1.0.0

属性が変化するか最初にセットされるときに送出されます。

関連項目