パッケージnet.user1.reactor
クラスpublic class AccountManagerEvent
継承AccountManagerEvent Inheritance flash.events.Event

バージョン : Reactor 1.0.0

AccountmanagerEventはアカウント管理イベントが発生するときにAccountManagerから登録済みイベントリスナーへ情報を渡すために使用されるシンプルなデータクラスです。 AccountManagerEventクラスは使用可能なアカウント管理イベントの乗数表現も定義します。 アカウント管理イベントを登録するためには、AccountManagerクラスのaddEventListener()メソッドを使用してください。 次のコードで実例を示します。
   // イベント登録コード
   reactor.getAccountManager().addEventListener(
                               AccountManagerEvent.CREATE_ACCOUNT_RESULT,
                               createAccountResultListener);
   
   // イベントリスナーのコード
   protected function createAccountResultListener (e:AccountManagerEvent):void {
     if (e.getStatus() == Status.SUCCESS) {
       // "アカウント作成完了"メッセージを表示します(displayAccountCreated()関数の
       // 定義はここでは示しません)
       displayAccountCreated();
    }
   }

関連項目

AccountManager
AccountEvent


パブリック メソッド
 メソッド定義元
  
AccountManagerEvent(type:String, bubbles:Boolean = false, cancelable:Boolean = false, userID:String = null, account:UserAccount = null, status:String = null)
コンストラクタ
AccountManagerEvent
  
clone():Event
[オーバーライド]
AccountManagerEvent
  
このアカウントマネージャーイベントに関係するUserAccountオブジェクトを返します。
AccountManagerEvent
  
getStatus():String
このイベントに関係する操作のステータスを返します。
AccountManagerEvent
  
getUserID():String
このイベントが関係するアカウントのユーザーIDを返します。
AccountManagerEvent
  
toString():String
[オーバーライド]
AccountManagerEvent
パブリック 定数
 定数定義元
  ACCOUNT_ADDED : String = ACCOUNT_ADDED
[静的] AccountManagerがUnionサーバーからユーザーアカウントの作成を通知されるときに送出されます。
AccountManagerEvent
  ACCOUNT_REMOVED : String = ACCOUNT_REMOVED
[静的] AccountManagerがUnionサーバーからユーザーアカウントの削除を通知されるときに送出されます。
AccountManagerEvent
  CREATE_ACCOUNT_RESULT : String = CREATE_ACCOUNT_RESULT
[静的] 先に行われたAccountManagerのcreateAccount()メソッド呼び出しの結果を受信したときに送出されます。
AccountManagerEvent
  REMOVE_ACCOUNT_RESULT : String = REMOVE_ACCOUNT_RESULT
[静的] 先に行われたAccountManagerのremoveAccount()メソッド呼び出しの結果を受信したときに送出されます。
AccountManagerEvent
  STOP_WATCHING_FOR_ACCOUNTS_RESULT : String = STOP_WATCHING_FOR_ACCOUNTS_RESULT
[静的] AccountManagerが先に行われたstopWatchingForAccounts()要求の結果を受信するときに送出されます。
AccountManagerEvent
  SYNCHRONIZE : String = SYNCHRONIZE
[静的] watchForAccounts()要求の後にAccountManagerのユーザーアカウントリストの同期が完了するときに送出されます。
AccountManagerEvent
  WATCH_FOR_ACCOUNTS_RESULT : String = WATCH_FOR_ACCOUNTS_RESULT
[静的] AccountManagerが先に行われたwatchForAccounts()要求の結果を受信するときに送出されます。
AccountManagerEvent
コンストラクタの詳細
AccountManagerEvent()コンストラクタ
public function AccountManagerEvent(type:String, bubbles:Boolean = false, cancelable:Boolean = false, userID:String = null, account:UserAccount = null, status:String = null)

コンストラクタ

パラメータ
type:String
 
bubbles:Boolean (default = false)
 
cancelable:Boolean (default = false)
 
userID:String (default = null)
 
account:UserAccount (default = null)
 
status:String (default = null)
メソッドの詳細
clone()メソッド
override public function clone():Event

戻り値
Event
getAccount()メソッド 
public function getAccount():UserAccount

バージョン : Reactor 1.0.0

このアカウントマネージャーイベントに関係するUserAccountオブジェクトを返します。 例えば、AccountManagerEvent.ACCOUNT_REMOVEDイベントにおいては、getAccount()は除去されたアカウントのUserAccountオブジェクトを返します。

戻り値
UserAccount
getStatus()メソッド 
public function getStatus():String

バージョン : Reactor 1.0.0

このイベントに関係する操作のステータスを返します。 getStatus()メソッドの戻り値は常にStatusクラスの定数のどれかです。 例えば、もしAccountManagerEvent.CREATE_ACCOUNT_RESULTイベントがアカウント生成試行が成功した結果として発生すると、getStatus()はStatus.SUCCESS値を返すでしょう。 ステータスに対応するには、getStatus()の値とStatus定数とを比較します。 例えば、

if (e.getStatus() == Status.SUCCESS) {
       showAccountCreatedScreen();
     }
特定のイベントが発生したときに返されうるステータス値のリストについては、そのイベントのドキュメントを参照してください。

戻り値
String

関連項目

getUserID()メソッド 
public function getUserID():String

バージョン : Reactor 1.0.0

このイベントが関係するアカウントのユーザーIDを返します。 例えば、AccountManagerEvent.ACCOUNT_ADDEDイベントにおいては、getUserID()はサーバーに追加されたアカウントのuserIDを返します。

戻り値
String
toString()メソッド 
override public function toString():String

戻り値
String
定数の詳細
ACCOUNT_ADDED定数
public static const ACCOUNT_ADDED:String = ACCOUNT_ADDED

バージョン : Reactor 1.0.0

AccountManagerがUnionサーバーからユーザーアカウントの作成を通知されるときに送出されます。 このイベントはAccountManagerがユーザーアカウントを監視しているときにのみ利用可能です(watchForAccounts()を参照してください)。

関連項目

ACCOUNT_REMOVED定数 
public static const ACCOUNT_REMOVED:String = ACCOUNT_REMOVED

バージョン : Reactor 1.0.0

AccountManagerがUnionサーバーからユーザーアカウントの削除を通知されるときに送出されます。 このイベントはAccountManagerがユーザーアカウントを監視しているときにのみ利用可能です(watchForAccounts()を参照してください)。

関連項目

CREATE_ACCOUNT_RESULT定数 
public static const CREATE_ACCOUNT_RESULT:String = CREATE_ACCOUNT_RESULT

バージョン : Reactor 1.0.0

先に行われたAccountManagerのcreateAccount()メソッド呼び出しの結果を受信したときに送出されます。 アカウント作成要求の結果を調べるには、getStatus()を使用してください。このメソッドの戻り値は次のどれかになります:

関連項目

REMOVE_ACCOUNT_RESULT定数 
public static const REMOVE_ACCOUNT_RESULT:String = REMOVE_ACCOUNT_RESULT

バージョン : Reactor 1.0.0

先に行われたAccountManagerのremoveAccount()メソッド呼び出しの結果を受信したときに送出されます。 アカウント除去要求の結果を調べるには、getStatus()を使用してください。このメソッドの戻り値は次のどれかになります:

関連項目

STOP_WATCHING_FOR_ACCOUNTS_RESULT定数 
public static const STOP_WATCHING_FOR_ACCOUNTS_RESULT:String = STOP_WATCHING_FOR_ACCOUNTS_RESULT

バージョン : Reactor 1.0.0

AccountManagerが先に行われたstopWatchingForAccounts()要求の結果を受信するときに送出されます。 試行結果を診断するには、getStatus()を使用します。これは次の値をとる可能性があります。

関連項目

SYNCHRONIZE定数 
public static const SYNCHRONIZE:String = SYNCHRONIZE

バージョン : Reactor 1.0.0

watchForAccounts()要求の後にAccountManagerのユーザーアカウントリストの同期が完了するときに送出されます。

関連項目

WATCH_FOR_ACCOUNTS_RESULT定数 
public static const WATCH_FOR_ACCOUNTS_RESULT:String = WATCH_FOR_ACCOUNTS_RESULT

バージョン : Reactor 1.0.0

AccountManagerが先に行われたwatchForAccounts()要求の結果を受信するときに送出されます。 要求の結果を確認するためには、getStatus()を使用してください。これは次の戻り値のうちどれかになります:

関連項目