パッケージnet.user1.reactor
クラスpublic class AccountManager
継承AccountManager Inheritance flash.events.EventDispatcher

バージョン : Reactor 1.0.0

AccountManagerクラスはUnionユーザーアカウントの制御を提供します。 Unionユーザーアカウントがユーザーに与えるものはこれらです:

アカウントを生成してログインしたユーザーはUserAccountクラスのsetAttribute()メソッドを使用することでアカウント属性を永続的に保存できます。 ユーザーがログインするとき、そのユーザーの全てのグローバルアカウント属性が自動的にロードされます。 ルームをスコープとしたアカウント属性はユーザーアカウントに対応したクライアントがルームに入室するか観察することで自動的にロードされます。

デフォルトでは、UnionサーバーはApache Derbyと呼ばれる軽量なビルトインのデータベースを通してユーザーアカウントをサポートします。 DerbyはUnionサーバーにビルトインされているため、Unionの永続ユーザーアカウント機能は特別な設定や追加のインストールなしで使用することができます。 しかしながら、他のデータベースか任意のデータソースを好む開発者は、Unionビルトインのデータベースをカスタマイズしたり、完全に入れ替えることができます。 Unionの永続データソースをカスタマイズする情報については、Union Server Persistenceを参照してください。

新しいユーザーアカウントをActionScriptから作成するには、AccountManagerのcreateAccount()メソッドを使用してください。 例えば、次のコードは新しいユーザーアカウントをユーザーID"ken"、初期パスワード"abc"で作成します。

   reactor.getAccountManager().createAccount("ken", "abc");
   

アカウント作成試行の結果を調べるには、AccountManagerのAccountManagerEvent.CREATE_ACCOUNT_RESULTイベントを次のようにイベントリスナーに登録します:

   // イベントを登録します
   reactor.getAccountManager().addEventListener(
                                 AccountManagerEvent.CREATE_ACCOUNT_RESULT,
                                 createAccountResultListener);
   
   // イベントリスナーを用意します
   protected function createAccountResultListener (e:AccountManagerEvent):void {
     trace("Create account result for [" + e.getUserID() + "]: " + e.getStatus());
   }
   

ユーザーアカウントを除去するには、AccountManagerのremoveAccount()メソッドを使用してください。 例えば、次のコードはユーザーID"ken"、パスワード"abc"のアカウントを除去します。

   reactor.getAccountManager().removeAccount("ken", "abc");
   

アカウント除去試行の結果を調べるには、AccountManagerのAccountManagerEvent.REMOVE_ACCOUNT_RESULTイベントを次のようにイベントリスナーに登録します:

   // イベントを登録します
   reactor.getAccountManager().addEventListener(
                                 AccountManagerEvent.REMOVE_ACCOUNT_RESULT,
                                 removeAccountResultListener);
   
   // イベントリスナーを用意します
   protected function removeAccountResultListener (e:AccountManagerEvent):void {
     trace("Remove account result for [" + e.getUserID() + "]: " + e.getStatus());
   }
   

ユーザーアカウントにログインするには、AccountManagerのlogin()メソッドを使用してください。 例えば、次のコードはユーザーID"ken"、パスワード"abc"でログインします。

   reactor.getAccountManager().login("ken", "abc");
   

ログイン試行の結果を調べるには、次のようにAccountManagerのAccountEvent.LOGIN_RESULTイベントを登録してください:

   // イベントを登録します
   reactor.getAccountManager().addEventListener(AccountEvent.LOGIN_RESULT,
                                                loginResultListener);
   
   // イベントリスナーを用意します
   protected function loginResultListener (e:AccountEvent):void {
     trace("Login result for [" + e.getUserID() + "]: " + e.getStatus());
   }
   

把握しているクライアントのいずれかがログインするたびに通知を受けるには、次のようにAccountManagerのAccountEvent.LOGINイベントを登録してください:

   // イベントを登録します
   reactor.getAccountManager().addEventListener(AccountEvent.LOGIN,
                                                loginListener);
   
   // イベントリスナーを用意します
   protected function loginListener (e:AccountEvent):void {
     trace(e.getUserID() + " logged in.");
   }
   

ユーザーアカウントをログオフするには、AccountManagerのlogoff()メソッドか、UserAccountクラスのlogoff()メソッドを使用してください(二つのメソッドから提供される機能は同じものですが、細かなAPIの差異を知るためにはそれぞれのlogoff()の記載を参照してください)。 例えば、次のコードは現クライアントのユーザーアカウントをログオフさせます(現クライアントのログオフ時にはuserIDとpasswodは不要である点に留意してください):

   reactor.getAccountManager().selfAccount().logoff();
   

次のコードはuserID"ken"とpassword"abc"を持つアカウントをログオフさせます:

   reactor.getAccountManager().logoff("ken", "abc");
   

ログオフ試行の結果を調べるには、次のようにAccountManagerか割り当てられているUserAccountオブジェクトのAccountEvent.LOGOFF_RESULTイベントを登録してください:

   // イベントを登録します
   reactor.getAccountManager().addEventListener(AccountEvent.LOGOFF_RESULT,
                                                logoffResultListener);
   
   // イベントリスナーを用意します
   protected function logoffResultListener (e:AccountEvent):void {
     trace("Logoff result for [" + e.getUserID() + "]: " + e.getStatus());
   }
   

To be notified any time a specific user logs in or logs off, first observe that user, then register for the AccountEvent.LOGIN and AccountEvent.LOGOFF events, as follows:

   // Keep track of user "bob"'s logged in status
   reactor.getAccountManager().addEventListener(AccountEvent.OBSERVE_RESULT, 
                                                observeResultListener);
   reactor.getAccountManager().observeAccount("bob");
   
   function observeResultListener (e:AccountEvent):void {
     if (e.getStatus() == Status.SUCCESS) {
       trace("Now observing account: " + e.getAccount());
       e.getAccount().addEventListener(AccountEvent.LOGIN, loginListener);
       e.getAccount().addEventListener(AccountEvent.LOGOFF, logoffListener);
     }
   }
   
   function loginListener (e:AccountEvent):void {
     trace(e.getAccount().getUserID() + " logged in");
   }
   
   function logoffListener (e:AccountEvent):void {
     trace(e.getAccount().getUserID() + " logged off.");
   }
   

関連項目

AccountManagerEvent
AccountEvent
UserAccount.logoff()


パブリック メソッド
 メソッド定義元
  
AccountManager
  
accountIsKnown(userID:String):Boolean
指定のuserIDのユーザーアカウントが現クライアントによって把握されているかどうかを示すBoolean値を返します。
AccountManager
  
addRole(userID:String, role:String):void
ユーザーアカウントに新たにセキュリティロールを追加します。
AccountManager
  
changePassword(userID:String, newPassword:String, oldPassword:String = null):void
ユーザーアカウントのパスワードを変更します。
AccountManager
  
createAccount(userID:String, password:String):void
ユーザーアカウントを作成します。これは年齢、旅行予約、ハイスコアといったユーザー情報を永続的に格納するために使用します。
AccountManager
  
getAccount(userID:String):UserAccount
もしそのアカウントがReactorによって把握されている場合、userIDによって指定されるアカウントへの参照を返します。
AccountManager
  
getAccounts():Object
AccountManager
  
把握しているユーザーアカウント数を返します。
AccountManager
  
もしこの AccountManager がアカウントを監視していれば、getNumAccountsOnServer() はサーバー上のアカウント数を返します。 そうでない場合は、getNumAccountsOnServer() は0を返します。
AccountManager
  
把握している範囲でログイン済みのユーザーアカウント数を返します。
AccountManager
  
hasWatchedAccount(userID:String):Boolean
もし指定したuserIDのアカウントが現在監視アカウントリスト内にある場合、trueを返します。それ以外の場合はfalseを返します。
AccountManager
  
isObservingAccount(userID:String):Boolean
もし指定したuserIDのアカウントが現在観察されている場合、trueを返します。それ以外の場合はfalseを返します。
AccountManager
  
現クライアントが現在アカウントを監視しているかどうかを示します。
AccountManager
  
login(userID:String, password:String):void
指定のuserIDとpasswordを使用して現クライアントをログインさせます。
AccountManager
  
logoff(userID:String = null, password:String = null):void
ユーザーアカウントをログオフさせます。
AccountManager
  
observeAccount(userID:String):void
現クライアントをuserIDで指定したユーザーアカウントのオブザーバーとして登録するようにサーバーに要求します。
AccountManager
  
removeAccount(userID:String, password:String = null):void
既存のユーザーアカウントを除去します。
AccountManager
  
removeRole(userID:String, role:String):void
ユーザーアカウントからセキュリティロールを除去します。
AccountManager
  
もし現クライアントがログインしている場合、現在のクライアントのユーザーアカウントへの参照を返します。
AccountManager
  
アカウントの監視を停止するようにサーバーに要求します。
AccountManager
  
サーバー上のユーザーアカウントのリストを送信し、その後ユーザーアカウントが作成か除去されたときにはいつでも通知を送信するようにサーバーに要求します。
AccountManager
Events
 Event Summary 定義元
   AccountManagerがUnionサーバーからユーザーアカウントの作成を通知されるときに送出されます。AccountManager
   AccountManagerがUnionサーバーからユーザーアカウントの削除を通知されるときに送出されます。AccountManager
   先に行われた UserAccount.addRole() か AccountManager.addRole() 要求の結果を受信したときに送出されます。AccountManager
   現クライアントがアカウントのパスワードを変更するときに送出されます。AccountManager
   現クライアントが先に行われたユーザーアカウントのパスワード変更要求の結果を受信するときに送出されます。AccountManager
   先に行われたAccountManagerのcreateAccount()メソッド呼び出しの結果を受信したときに送出されます。AccountManager
   現クライアントによって把握されているクライアントのいずれかがログインするときに送出されます。AccountManager
   現クライアントによって先に行われたログイン要求の結果を受信したときに送出されます。AccountManager
   現クライアントによって把握されているユーザーアカウントのいずれかがログオフするときに送出されます。AccountManager
   現クライアントが先に行われたクライアントのログオフ要求の結果を受信するときに送出されます。AccountManager
   現クライアントがユーザーアカウントを観察するときに送出されます。AccountManager
   先に行われたUserAccount.observe()かAccountManager.observeAccount()要求の結果を受信したときに送出されます。AccountManager
   先に行われたAccountManagerのremoveAccount()メソッド呼び出しの結果を受信したときに送出されます。AccountManager
   先に行われた UserAccount.removeRole() か AccountManager.removeRole() 要求の結果を受信したときに送出されます。AccountManager
   現クライアントがユーザーアカウントの観察を停止するときに送出されます。AccountManager
   先に行われたUserAccount.stopObserving()かAccountManager.stopObservingAccount()要求の結果を受信したときに送出されます。AccountManager
   AccountManagerが先に行われたstopWatchingForAccounts()要求の結果を受信するときに送出されます。AccountManager
   watchForAccounts()要求の後にAccountManagerのユーザーアカウントリストの同期が完了するときに送出されます。AccountManager
   AccountManagerが先に行われたwatchForAccounts()要求の結果を受信するときに送出されます。AccountManager
コンストラクタの詳細
AccountManager()コンストラクタ
public function AccountManager(log:Logger)



パラメータ
log:Logger
メソッドの詳細
accountIsKnown()メソッド
public function accountIsKnown(userID:String):Boolean

バージョン : Reactor 1.0.0

指定のuserIDのユーザーアカウントが現クライアントによって把握されているかどうかを示すBoolean値を返します。 与えられたユーザーアカウントは次のような場合に現クライアントによって把握されます:

パラメータ

userID:String

戻り値
Boolean

関連項目

addRole()メソッド 
public function addRole(userID:String, role:String):void

バージョン : Reactor 1.0.0

ユーザーアカウントに新たにセキュリティロールを追加します。 ロール(役割)追加の試行結果は AccountEvent.ADD_ROLE_RESULT イベントを通して返されます。これは AccountManager と、新たにロール(役割)を要求された UserAccount オブジェクトの両方を通して送出されます。 そのようなアカウントを把握していない場合、そのイベントはAccountManagerのみを通して送出されます。

ユーザーアカウントのロール(役割)は UserAccount クラスの addRole() メソッドを通して追加することもできます。

セキュリティロールについての詳細は、Union Server のセキュリティドキュメントを参照してください。

パラメータ

userID:String — このアカウントのユーザーIDです。
 
role:String — 新たに希望するロール(役割)です。 ビルトインのセキュリティロールの一覧については、SecurityRole クラスを参照してください。

関連項目



次のようにコードを変更すると、ユーザーID "tom" のアカウントに SecurityRole.MODERATOR のロール(役割)を追加します。

     reactor.getAccountManager().addRole("tom", SecurityRole.MODERATOR);
     

このロール(役割)追加の試行結果を確認するには、次のコードが AccountEvent.ADD_ROLE_RESULT イベントを登録します:

     // イベントを登録します
     reactor.getAccountManager().addEventListener(
                                   AccountEvent.ADD_ROLE_RESULT,
                                   addRoleResultListener);
     
     // イベントリスナーを用意します
     protected function addRoleResultListener (e:AccountEvent):void {
       trace("Add role result for user [" + e.getUserID() + "], " 
            + "role [" + e.getUserID() + "]: "
            + e.getStatus());
     }
     
changePassword()メソッド 
public function changePassword(userID:String, newPassword:String, oldPassword:String = null):void

バージョン : Reactor 1.0.0

ユーザーアカウントのパスワードを変更します。 パスワード変更試行の結果はAccountManagerと変更がリクエストされているUserAccountオブジェクトを通して送出されるAccountEvent.CHANGE_PASSWORD_RESULTイベントを通して返されます。 そのようなアカウントを把握していない場合、そのイベントはAccountManagerのみを通して送出されます。

ユーザーアカウントのパスワードはUserAccountクラスのchangePassword()メソッドを通して変更することもできます。

パラメータ

userID:String — このアカウントのユーザーIDです。
 
newPassword:String — 希望する新しいアカウントパスワードです。
 
oldPassword:String (default = null) — このアカウントの既存のパスワードです。 passwordが渡されない場合、そのパスワードは変更を要求中のクライアントが十分な特権を有している場合にのみ変更されます。

関連項目



次のコードはuserID"ken"のアカウントのパスワードを変更します。 このアカウントの既存のパスワードは"abc"で、新パスワードは"xyz"です:

     reactor.getAccountManager().changePassword("ken", "xyz", "abc");
     

このパスワード変更試行の結果を調べるために、次のコードはAccountManagerEvent.CHANGE_PASSWORD_RESULTイベントを登録します:

     // イベントを登録します
     reactor.getAccountManager().addEventListener(
                                   AccountManagerEvent.CHANGE_PASSWORD_RESULT,
                                   changePasswordResultListener);
     
     // イベントリスナーを用意します
     protected function changePasswordResultListener (e:AccountManagerEvent):void {
       trace("Change password result for [" + e.getUserID() + "]: " + e.getStatus());
     }
     
createAccount()メソッド 
public function createAccount(userID:String, password:String):void

バージョン : Reactor 1.0.0

ユーザーアカウントを作成します。これは年齢、旅行予約、ハイスコアといったユーザー情報を永続的に格納するために使用します。 アカウント生成試行の結果はAccountManagerEvent.CREATE_ACCOUNT_RESULTイベントを通して返されます。 いったんアカウントが生成されると、クライアントはAccountManagerのlogin()メソッドを使用してそのアカウントにログインできます。

パラメータ

userID:String
 
password:String

関連項目

getAccount()メソッド 
public function getAccount(userID:String):UserAccount

バージョン : Reactor 1.0.0

もしそのアカウントがReactorによって把握されている場合、userIDによって指定されるアカウントへの参照を返します。 もしそのアカウントを把握していない場合、nullを返します。

パラメータ

userID:String — ユーザーアカウントのユーザーIDです。

戻り値
UserAccount
getAccounts()メソッド 
public function getAccounts():Object

戻り値
Object
getNumAccounts()メソッド 
public function getNumAccounts():int

バージョン : Reactor 1.0.0

把握しているユーザーアカウント数を返します。 AccountManagerがユーザーアカウントを監視しているとき(watchForAccounts()を参照してください)、getNumAccounts()は現在サーバー上に登録されている実際のユーザーアカウント数を返します。 AccountManagerがクライアントを監視していないとき、getNumAccounts()は現クライアントが知っているアカウント数だけを返します。 例えば、現クライアントが3アカウントを観察しており、サーバー上の他のアカウントに関して把握していない場合、たとえサーバー上に4以上のアカウントが登録されているとしても3を返します。

戻り値
int — 把握しているユーザーアカウントの数です。

関連項目

getNumAccountsOnServer()メソッド 
public function getNumAccountsOnServer():int

バージョン : Reactor 1.0.0

もしこの AccountManager がアカウントを監視していれば、getNumAccountsOnServer() はサーバー上のアカウント数を返します。 そうでない場合は、getNumAccountsOnServer() は0を返します。 この AccountManager がアカウントを監視しているときは、getNumAccountsOnServer() メソッドは getNumAccounts() より高速な代替手段を提供します。

戻り値
int

関連項目

getNumLoggedInAccounts()メソッド 
public function getNumLoggedInAccounts():int

バージョン : Reactor 1.0.0

把握している範囲でログイン済みのユーザーアカウント数を返します。

戻り値
int

関連項目

hasWatchedAccount()メソッド 
public function hasWatchedAccount(userID:String):Boolean

バージョン : Reactor 1.0.0 #see watchForAccounts()

もし指定したuserIDのアカウントが現在監視アカウントリスト内にある場合、trueを返します。それ以外の場合はfalseを返します。

パラメータ

userID:String

戻り値
Boolean
isObservingAccount()メソッド 
public function isObservingAccount(userID:String):Boolean

バージョン : Reactor 1.0.0

もし指定したuserIDのアカウントが現在観察されている場合、trueを返します。それ以外の場合はfalseを返します。

パラメータ

userID:String

戻り値
Boolean

関連項目

isWatchingForAccounts()メソッド 
public function isWatchingForAccounts():Boolean

バージョン : Reactor 1.0.0

現クライアントが現在アカウントを監視しているかどうかを示します。

戻り値
Boolean

関連項目

login()メソッド 
public function login(userID:String, password:String):void

バージョン : Reactor 1.0.0

指定のuserIDとpasswordを使用して現クライアントをログインさせます。 ログイン試行の結果はAccountManagerによってトリガーされるAccountEvent.LOGIN_RESULTイベントを通して返されます。

もしその試行が成功すると、AccountManagerと現クライアントについてのUserAccountオブジェクト(つまりreactor.self().getAccount())がAccountEvent.LOGINイベントをトリガーし、そのアカウントの永続属性が自動的にロードされます。 もし指定のユーザーIDが別のクライアントIDのもとでログイン済みであれば、前のクライアントは新たなログイン処理の前にログオフされ、切断されます。

ルームをスコープとした永続アカウント属性は現クライアントがルームに入室するか観察するときに自動的にロードされます。 もし現クライアントがログイン時に既にルームに入室か観察している場合、そのルームについてのルームをスコープとした属性もログイン時にロードされます。

login()メソッドは他のクライアントをログインさせるためには使用できませ。このメソッドは現クライアントのみに適用されます。

パラメータ

userID:String — このアカウントのユーザーIDです。
 
password:String — このアカウントのパスワードです。

関連項目



次のコードはuserID"ken"とpassword"abc"を使って現クライアントをログインさせます:

     reactor.getAccountManager().login("ken", "abc");
     

このログイン試行の結果を調べるために、次のコードはAccountEvent.LOGIN_RESULTイベントを登録します:

     // イベントを登録します
     reactor.getAccountManager().addEventListener(AccountEvent.LOGIN_RESULT,
                                                  loginResultListener);
     
     // イベントリスナーを用意します
     protected function loginResultListener (e:AccountEvent):void {
       trace("Login result for [" + e.getUserID() + "]: " + e.getStatus());
     }
     
logoff()メソッド 
public function logoff(userID:String = null, password:String = null):void

バージョン : Reactor 1.0.0

ユーザーアカウントをログオフさせます。 ログオフ試行の結果はAccountManagerとログオフ中のクライアントのUserAccountオブジェクトを通して送出されるAccountEvent.LOGOFF_RESULTイベントを通して返されます。 そのようなユーザーアカウントを把握していない場合、そのイベントはAccountManagerのみを通して送出されます。

login()と違って、logoff()メソッドは他のクライアントにも使用できます。 しかしながら、他のクライアントをログオフさせるためには、ログオフ要求を行うクライアントは十分な権限を有している必要があります。

パラメータ

userID:String (default = null) — このアカウントのユーザーIDです。
 
password:String (default = null) — このアカウントのパスワードです。

関連項目

observeAccount()メソッド 
public function observeAccount(userID:String):void

バージョン : Reactor 1.0.0

現クライアントをuserIDで指定したユーザーアカウントのオブザーバーとして登録するようにサーバーに要求します。 もしその要求が成功すると、Reactorは(もしまだ無い場合は)そのアカウントについてのUserAccountオブジェクトを生成し、そのオブジェクトとAccountManagerを通してAccountEvent.OBSERVE_RESULTを送出します。 UserAccountオブジェクトはそのアカウントのサーバー側の状態との同期も行い、そのためUserAccountはAccountEvent.SYNCHRONIZEイベントをトリガーします。 その後もし指定したユーザーアカウントの状態が変化すると、現クライアントは次の方法で通知を受けます:

ユーザーアカウントの観察を停止するには、UserAccountのstopObserving()メソッドを使用してください。

アカウントの観察は、フレンドリストシステムやアカウント管理機能を用いるアプリケーションで要求されるように、クライアントが任意のユーザーアカウントリストの状態を常に通知してもらいたいときに使用します。

パラメータ

userID:String — 観察するアカウントのユーザーIDです。

関連項目

removeAccount()メソッド 
public function removeAccount(userID:String, password:String = null):void

バージョン : Reactor 1.0.0

既存のユーザーアカウントを除去します。 アカウント除去試行の結果はAccountManagerEvent.REMOVE_ACCOUNT_RESULTイベントを通して返されます。 ユーザーアカウントが除去された時に該当ユーザーとしてログインしているクライアントがいる場合、そのクライアントはAccountEvent.LOGOFFイベントを受信し、サーバーから自動的に切断されます。

パラメータ

userID:String
 
password:String (default = null)

関連項目

removeRole()メソッド 
public function removeRole(userID:String, role:String):void

バージョン : Reactor 1.0.0

ユーザーアカウントからセキュリティロールを除去します。 ロール(役割)除去の試行結果は AccountEvent.REMOVE_ROLE_RESULT イベントを通して返されます。これは AccountManager と、ロール(役割)の除去を要求された UserAccount オブジェクトの両方を通して送出されます。 そのようなアカウントを把握していない場合、そのイベントはAccountManagerのみを通して送出されます。

ユーザーアカウントのロール(役割)は UserAccount クラスの removeRole() メソッドを通して除去することも可能です。

パラメータ

userID:String — このアカウントのユーザーIDです。
 
role:String — 新たに希望するロール(役割)です。

関連項目



次のようにコードを変更すると、ユーザーID "tom" のアカウントから SecurityRole.MODERATOR ロール(役割)を除去します。

     reactor.getAccountManager().removeRole("tom", SecurityRole.MODERATOR);
     

先のロール(役割)除去の試行結果を確認するには、次のコードが AccountEvent.REMOVE_ROLE_RESULT イベントを登録します:

     // イベントを登録します
     reactor.getAccountManager().addEventListener(
                                   AccountEvent.REMOVE_ROLE_RESULT,
                                   removeRoleResultListener);
     
     // イベントリスナーを用意します
     protected function removeRoleResultListener (e:AccountEvent):void {
       trace("Remove role result for user [" + e.getUserID() + "], " 
            + "role [" + e.getUserID() + "]: "
            + e.getStatus());
     }
     
selfAccount()メソッド 
public function selfAccount():UserAccount

バージョン : Reactor 1.0.0

もし現クライアントがログインしている場合、現在のクライアントのユーザーアカウントへの参照を返します。 もし現クライアントが未ログインの場合、nullを返します。

戻り値
UserAccount
stopWatchingForAccounts()メソッド 
public function stopWatchingForAccounts():void

バージョン : Reactor 1.0.0

アカウントの監視を停止するようにサーバーに要求します。 応答として、サーバーはアカウントが追加または除去されるときにもう通知を送信しません。 stopWatchingForAccounts()要求の結果はAccountManagerEvent.STOP_WATCHING_FOR_ACCOUNTS_RESULTを通して返されます。

関連項目

watchForAccounts()メソッド 
public function watchForAccounts():void

バージョン : Reactor 1.0.0

サーバー上のユーザーアカウントのリストを送信し、その後ユーザーアカウントが作成か除去されたときにはいつでも通知を送信するようにサーバーに要求します。 この通知はAccountManagerEvent.ACCOUNT_ADDEDイベントかAccountManagerEvent.ACCOUNT_REMOVEDイベントのどちらかをトリガーします。 watchForAccounts()要求の結果はAccountManagerEvent.WATCH_FOR_ACCOUNTS_RESULTを通して返されます。

watchForAcounts()メソッドはサーバー上の全ユーザーアカウントの同期リストを表示したい管理アプリケーションで使用されます。

関連項目

stopWatchingForAccounts()
AccountManagerEvent.WATCH_FOR_ACCOUNTS_RESULT
Event Detail
ACCOUNT_ADDED イベント
Event Object Type: AccountManagerEvent
AccountManagerEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountManagerEvent.ACCOUNT_ADDED

AccountManagerがUnionサーバーからユーザーアカウントの作成を通知されるときに送出されます。 このイベントはAccountManagerがユーザーアカウントを監視しているときにのみ利用可能です(watchForAccounts()を参照してください)。

関連項目

ACCOUNT_REMOVED イベント  
Event Object Type: AccountManagerEvent
AccountManagerEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountManagerEvent.ACCOUNT_REMOVED

AccountManagerがUnionサーバーからユーザーアカウントの削除を通知されるときに送出されます。 このイベントはAccountManagerがユーザーアカウントを監視しているときにのみ利用可能です(watchForAccounts()を参照してください)。

関連項目

ADD_ROLE_RESULT イベント  
Event Object Type: AccountEvent
AccountEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountEvent.ADD_ROLE_RESULT

先に行われた UserAccount.addRole() か AccountManager.addRole() 要求の結果を受信したときに送出されます。

関連項目

CHANGE_PASSWORD イベント  
Event Object Type: AccountEvent
AccountEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountEvent.CHANGE_PASSWORD

現クライアントがアカウントのパスワードを変更するときに送出されます。 ユーザーはAccountManagerのchangePassword()メソッドかUserAccountオブジェクトのchangePassword()メソッドを通して自分自身のパスワードを変更できます。 十分な権限があれば、現クライアントは他ユーザーのパスワードを変更できます。 サーバーサイドのコードは任意のユーザーのパスワードを変更できます。

関連項目

CHANGE_PASSWORD_RESULT イベント  
Event Object Type: AccountEvent
AccountEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountEvent.CHANGE_PASSWORD_RESULT

現クライアントが先に行われたユーザーアカウントのパスワード変更要求の結果を受信するときに送出されます。 パスワード変更要求の結果を調べるには、getStatus()を使用してください。このメソッドの戻り値は次のどれかになります:

関連項目

CREATE_ACCOUNT_RESULT イベント  
Event Object Type: AccountManagerEvent
AccountManagerEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountManagerEvent.CREATE_ACCOUNT_RESULT

先に行われたAccountManagerのcreateAccount()メソッド呼び出しの結果を受信したときに送出されます。 アカウント作成要求の結果を調べるには、getStatus()を使用してください。このメソッドの戻り値は次のどれかになります:

関連項目

LOGIN イベント  
Event Object Type: AccountEvent
AccountEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountEvent.LOGIN

現クライアントによって把握されているクライアントのいずれかがログインするときに送出されます。 クライアントが現クライアントによって把握される状況のリストについては、ClientManagerのclientIsKnown()メソッドを参照してください。 しかしながら、RoomクラスのsetUpdateLevels()メソッドを通して"入室者ログインログオフ更新"と"観察者ログインログオフ更新"を無効化することで、現クライアントがルーム入室者とルーム観察者のログイン通知を受けないようにもできる点に留意してください。

AccountEvent.LOGINイベントはログインしたクライアントのClientオブジェクトを通して送出され、次にログインしたアカウントのUserAccountオブジェクト、次にAccountManagerからも送出されます。

関連項目

LOGIN_RESULT イベント  
Event Object Type: AccountEvent
AccountEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountEvent.LOGIN_RESULT

現クライアントによって先に行われたログイン要求の結果を受信したときに送出されます。 ログイン要求の結果を調べるには、getStatus()を使用してください。このメソッドの戻り値は次のどれかになります。

関連項目

LOGOFF イベント  
Event Object Type: AccountEvent
AccountEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountEvent.LOGOFF

現クライアントによって把握されているユーザーアカウントのいずれかがログオフするときに送出されます。 クライアントが現クライアントによって把握される状況のリストについては、ClientManagerのclientIsKnown()メソッドを参照してください。 しかしながら、RoomクラスのsetUpdateLevels()メソッドを通して"入室者ログインログオフ更新"と"観察者ログインログオフ更新"を無効化することで、現クライアントがルーム入室者とルーム観察者のログオフ通知を受けないようにもできる点に留意してください。

AccountEvent.LOGOFFイベントはログオフしたクライアントのClientオブジェクトを通して送出され、次にログオフしたアカウントのUserAccountオブジェクト、次にAccountManagerからも送出されます。

関連項目

LOGOFF_RESULT イベント  
Event Object Type: AccountEvent
AccountEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountEvent.LOGOFF_RESULT

現クライアントが先に行われたクライアントのログオフ要求の結果を受信するときに送出されます。 ログオフ要求の結果を調べるには、getStatus()を使用してください。このメソッドの戻り値は次のどれかになります。

関連項目

OBSERVE イベント  
Event Object Type: AccountEvent
AccountEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountEvent.OBSERVE

現クライアントがユーザーアカウントを観察するときに送出されます。 完全な詳細については、AccountManagerのobserveAccount()メソッドを参照してください。

関連項目

OBSERVE_RESULT イベント  
Event Object Type: AccountEvent
AccountEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountEvent.OBSERVE_RESULT

先に行われたUserAccount.observe()かAccountManager.observeAccount()要求の結果を受信したときに送出されます。

関連項目

REMOVE_ACCOUNT_RESULT イベント  
Event Object Type: AccountManagerEvent
AccountManagerEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountManagerEvent.REMOVE_ACCOUNT_RESULT

先に行われたAccountManagerのremoveAccount()メソッド呼び出しの結果を受信したときに送出されます。 アカウント除去要求の結果を調べるには、getStatus()を使用してください。このメソッドの戻り値は次のどれかになります:

関連項目

REMOVE_ROLE_RESULT イベント  
Event Object Type: AccountEvent
AccountEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountEvent.REMOVE_ROLE_RESULT

先に行われた UserAccount.removeRole() か AccountManager.removeRole() 要求の結果を受信したときに送出されます。

関連項目

STOP_OBSERVING イベント  
Event Object Type: AccountEvent
AccountEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountEvent.STOP_OBSERVING

現クライアントがユーザーアカウントの観察を停止するときに送出されます。

関連項目

STOP_OBSERVING_RESULT イベント  
Event Object Type: AccountEvent
AccountEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountEvent.STOP_OBSERVING_RESULT

先に行われたUserAccount.stopObserving()かAccountManager.stopObservingAccount()要求の結果を受信したときに送出されます。

関連項目

STOP_WATCHING_FOR_ACCOUNTS_RESULT イベント  
Event Object Type: AccountManagerEvent
AccountManagerEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountManagerEvent.STOP_WATCHING_FOR_ACCOUNTS_RESULT

AccountManagerが先に行われたstopWatchingForAccounts()要求の結果を受信するときに送出されます。 試行結果を診断するには、getStatus()を使用します。これは次の値をとる可能性があります。

関連項目

SYNCHRONIZE イベント  
Event Object Type: AccountManagerEvent
AccountManagerEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountManagerEvent.SYNCHRONIZE

watchForAccounts()要求の後にAccountManagerのユーザーアカウントリストの同期が完了するときに送出されます。

関連項目

WATCH_FOR_ACCOUNTS_RESULT イベント  
Event Object Type: AccountManagerEvent
AccountManagerEvent.type variable = net.user1.reactor.AccountManagerEvent.WATCH_FOR_ACCOUNTS_RESULT

AccountManagerが先に行われたwatchForAccounts()要求の結果を受信するときに送出されます。 要求の結果を確認するためには、getStatus()を使用してください。これは次の戻り値のうちどれかになります:

関連項目